追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2100-01-01 単なるTodo [長年日記] この日を編集

でびあん活動

  • groonga 4.0.7 をアップロードする
  • Maintainer Dashboardみて作業をする
  • debhelperのja.poを訳す
  • 持ちバグ修正
  • RC潰し
  • ウェブサイトの更新の案を練る
  • JPウェブサイトの更新の案を練る
  • ftpmastersのストラクチャ改善をなんとか押し込む

2014-12-06 [長年日記] この日を編集

security.debian.org を日本に置きました

実現しました。案内してから一年半…長かった。関係者にありがとう。
まだ色々告知関係とか残ってるので、作業します。あ、Amazonギフト券送ってくれてもいいのよ?


2014-11-24 [長年日記] この日を編集

最近のでびあん活動

  • 事務処理です。。。
  • でぶさみにお伺いメールだしました
  • fonts-ricty-diminishedをアップロードしました
  • groonga 4.0.7 のレビューをしました。

2014-11-23 [長年日記] この日を編集

最近のでびあん活動

  • groonga-normalizer-mysql-1.0.6 を NEW queue へ放り込んだ
  • SD2014/12号ラフ上げた
  • 事務処理メール書いた
  • パッケージは手つかず。

IDEAをビルドしてみた

商標がからむとIntelliJは名称に使わない方がいいのかね?

それはともかくソースを落としてビルドしてみた。antとopenjdk-7-jdkだけ適当に入れたらビルドできた…けれどこのソースめっちゃくちゃjarファイルが多いので、これを一つずつ解きほぐしていくと考えると大変気が遠くなる。


2014-11-16 [長年日記] この日を編集

zram

へーUbuntuにはパッケージがあるのか(sidにない)、と中をみたらupstart jobだった。
そらそーだ。systemd対応にすればいいのかな


2014-11-09 [長年日記] この日を編集

今日のでびあんな活動

debhelper ja.po 査読

動作を詳しくみていくと、発見があるね。

"If your source package generates more than one binary package, debhelper "
"programs will default to acting on all binary packages when run. If your "
"source package happens to generate one architecture dependent package, and "
"another architecture independent package, this is not the correct behavior, "
"because you need to generate the architecture dependent packages in the "
"binary-arch F< debian/rules > target, and the architecture independent "
"packages in the binary-indep F< debian/rules > target."
 
"ソースパッケージが複数のバイナリパッケージを生成する場合、特に指定が無け"
"れば debhelper は実行時にすべてのバイナリパッケージを生成します。この場合ソー"
"スパッケージが、アーキテクチャ依存パッケージとアーキテクチャ非依存パッケージ"
"を同時に生成するとしたら、この振る舞いは正しくありません。というのも、"
"F< debian/rules > では、アーキテクチャ依存パッケージを生成するなら binary-arch "
"ターゲット内で生成する必要があり、アーキテクチャ非依存のパッケージならば、"
"binary-indep ターゲットで生成する必要がある為です。"

結構これは対応できてない気がする…。


2014-11-08 [長年日記] この日を編集

瀬戸フォントがDebianに入りました。

瀬戸フォントをDebianに入れました。パッケージ名はfonts-setoです。
ぜひご利用ください。

しかし、作者の方はフリーフォントとして公開してたら心ない人からの攻撃を受けて相当苦労されたご様子
デザインものは自身の子供みたいなものだから、と独りで手厚くフォローするのもありですが、このように消耗することも多いでしょうし、OFLのようなオープンソースライセンスのもとでGitHubやsourceforge等で公開プロジェクトにして「独りで抱え込まない」ようにするのも一つの選択肢かと思います。

その他でびあんな活動

  • birdfontのビルドでちょっといじったパッチをupstreamに送って、パッケージをexperimentalに放り込みました。
  • birdfontで過去のアップロードで既に対処済みだったバグをclose
  • tdiary-contribでバグがexperimental版で対処済みなのをtagging。tdiaryそのものが入らないとダメなのでクローズはできない…。
  • ITP: groonga-normalizer-mysql のレビュー。
  • fontmatrixのRCをみたけど、別の問題も発見。

2014-11-06 [長年日記] この日を編集

初音ミク画像のライセンス

初音ミクの画像等の利用は独自のピアプロ・キャラクター・ライセンス(PCL)のもとで、というのが今までの私の理解だったが、実は2年ぐらい前からクリエイティブコモンズライセンス(CC BY-NC)とのデュアルライセンスになっていた。NCなのでNon-commercial、つまりnon-DFSG-freeですけど。


2014-11-03 [長年日記] この日を編集

dakのバグを踏んだ

rieceをアップロードしたらエラーがでてrejectされる…

There was an uncaught exception when processing your upload:
Traceback (most recent call last):
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/process_upload.py", line 213, in wrapper
    return function(directory, upload, *args, **kwargs)
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/process_upload.py", line 265, in accept
    upload.install()
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/daklib/archive.py", line 1248, in install
    (db_source, db_binaries) = self._install_to_suite(redirected_suite, source_component_func, binary_component_func, source_suites=source_suites, extra_source_archives=[suite.archive])
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/daklib/archive.py", line 1021, in _install_to_suite
    component = binary_component_func(binary)
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/daklib/archive.py", line 1246, in 
    binary_component_func = lambda binary: self._binary_component(overridesuite, binary)
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/daklib/archive.py", line 914, in _binary_component
    override = self._binary_override(suite, binary)
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/daklib/archive.py", line 858, in _binary_override
    mapped_component = get_mapped_component(binary.component)
  File "/srv/ftp-master.debian.org/dak/dak/daklib/upload.py", line 493, in component
    fields = self.control['Section'].split('/')
KeyError: 'Section'
 
Any original reject reason follows below.
 
 
===
 
Please feel free to respond to this email if you don't understand why
your files were rejected, or if you upload new files which address our
concerns.

reasonが空になっていたので、ftpmasterに聞いてみたら返事が返ってきた

The binary package was missing a Section field as none is present in
debian/control. I've added a check to dak[1] that should give a nicer
error message the next time.

ということでした。Section: フィールドがなぜか抜けていたというので追加し直してアップロード。

waagent アップロードしておいた

experimentalに送りました。忘れないように…色々とcloud-initとの調整が必要になるかと思います。

その他のでびあん活動

  • g-wrapの更新を途中でなぜか放置していたのを突っ込まれたのでアップロード。
  • sponsor uploadを一つ。。。と思ったらビルドこけたので返信。
    返って来たのでアップロード。
  • DSAsに問い合わせ。。。まだかなー(´・ω・`)
  • とりあえず、tdiary-contribをexperimentalにあげておく
  • rieceのupstreamからパッチをいただいたので適用して再度アップロードしました。
    その際に、NMUで修正されたのを無視する形になっていたのでそれを再度適用してアップロードし直し。
    あと、ついでに送ったpatchをacceptしてもらいました

2014-11-02 [長年日記] この日を編集

久々にでびあん活動できた

  • groonga のスポンサーアップロードをしました。林さん、忍耐強く待っていただいたのと作業ありがとうございました。
    くわしくはクリアコードさんのblogを参照ください。(昔の発表資料が引用されていて驚いたのは秘密です :)
  • silversearcher-ag(-el)がらみで、python-aseをスポンサーアップロードしました。これでblockerがなくなってtestingにいくかな
  • rieceがOrphanされていたので、昔使ったことがあったのを思い出してAdoptしました。ついでにmodernizeしたので結構な作業量に。
  • 瀬戸フォントをfonts-setoパッケージとしてアップロードしました。NEW Queue待ちです。
  • birdfontを最新に…と思ったらbuild error。upstreamのgitをみるとリリース後に色々と対処しているようなので一つスキップして次のリリースを待つことにします。

riece パッケージの問題点

これ、testをdisableにしてます。こけるので。。。

Loading /tmp/buildd/riece-9.0.0/lisp/test/test-riece-url.el (source)...
Loading /tmp/buildd/riece-9.0.0/lisp/test/test-riece-yank.el (source)...
Using vacuous schema
Removing old name: No such file or directory, /tmp/test-riece-log19243lUT/=23¤ê¡¼¤¹
Running `test-riece-addon#test-riece-resolve-addons-1'...
Running `test-riece-addon#test-riece-resolve-addons-2'...
(snip)
Running `test-riece-log#test-riece-log-encode-file-name-mule'...
Running `test-riece-log#test-riece-log-display-message-function'...Makefile:609: recipe for target 'check-local' failed
make[4]: *** [check-local] Error 255

ファイル名が謎で作られてそれでぶった切られて存在しないことになることによるエラー

root@hp:~/riece-9.0.0# ls /tmp/test-riece-log19243lUT/\=23�꡼��/20141101.txt 
/tmp/test-riece-log19243lUT/=23??????/20141101.txt

直し方はなんなんだろう。Fedoraでもbuild logみるとtestが実行されて無いようす。Debianパッケージも元々実行してなかったのがdhで拾い上げられた形。

upstreamの方にはめーるしました。

LBRのボイスデータをパッケージにしてみた

そういえばインタビューをちょっとしてもらったのを思い出して、こちらで配布してるのをパッケージにしてみた。データの改変自体は一切してないので多分大丈夫&権利者からの許可があればあちらで配布してもらえるかな。