«前の日(02-10) 最新 次の日(02-12)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2005-02-11 この日を編集

第二段

「みんなでパクろう! fedora core」プロジェクト第二段の成果として、壁紙詰め合わせを作りました。

http://www.mithril-linux.org/~henrich/debian/package/desktop-backgrounds_2.0-26.2-4_i386.deb

問題は壁紙の変更を選んでも、デフォルトで表示されないので選択してやる必要があること。
(/usr/share/images/desktop-backgrounds 以下にインストールされるため)

追記:ちなみに、ちゃんと fedora ロゴが入ってる画像は商標関係からパッケージの状態では抜いてあります。

やばい

このサーバのディスクがこすれるような音がずーっとしています。


2006-02-11 この日を編集

ひさびさ(゜д゜)ポカーン

以下の製品(いずれも旧版です)についても、
ライセンス違反が存在することを認識した上で配布するのは構いません。

( ゜д゜) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゜д゜) ・・・
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゜ Д゜) …!?


2008-02-11 この日を編集

今日の進捗

  • debconf の更新1件をサクッと。その他新規を追加。

LD_FLAGS="--as-needed"

dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/syldbimport shouldn't be linked with libpthread.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/syldbimport shouldn't be linked with libssl.so.0.9.8 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/syldbimport shouldn't be linked with libcrypto.so.0.9.8 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/syldbquery shouldn't be linked with libpthread.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/syldbquery shouldn't be linked with libssl.so.0.9.8 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/syldbquery shouldn't be linked with libcrypto.so.0.9.8 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libgdk-x11-2.0.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libatk-1.0.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libgdk_pixbuf-2.0.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libm.so.6 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libpangocairo-1.0.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libpango-1.0.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libcairo.so.2 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libgmodule-2.0.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libdl.so.2 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libpthread.so.0 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libssl.so.0.9.8 (it uses none of its symbols).
dpkg-shlibdeps: warning: debian/sylph-searcher/usr/bin/sylph-searcher shouldn't be linked with libcrypto.so.0.9.8 (it uses none of its symbols).

LD_FLAGS="--as-needed" を渡したら上の警告はピタリと止んだわけですが、これで良かったのかどうか。副作用無いんでしょうか?>識者

netatalk with openssl

使ってもいないのにカッとなってメールを書いてしまったので投稿してみる。こんな文章でも1時間以上かかってる所がアレ。
反省はしていないが、コードも書かないのに意見だけ投げつけることについてはちょっと後悔している。

それにしても、みんなパッケージのソース持ってきてリビルドばっかりだな。確かに根本的な解決策はしんどいけど、それだけの価値はあると思うんだがな。


2010-02-11 この日を編集

Plan9 on Debian とか

$ apt-cache search plan9
9mount-dbg - plan9 filesystem (v9fs) user mount utilities (debug)
9mount - plan9 filesystem (v9fs) user mount utilities
libixp - simple 9P client-/server-library
rdup - utility to create a file list suitable for making backups
w9wm - enhanced window manager based on 9wm
wmii-doc - lightweight tabbed and tiled X11 window manager, version 3 (documentation)
wmii2-doc - lightweight tabbed and tiled X11 window manager, version 2 (documentation)
9base - Plan 9 ユーザランドツール
pdumpfs - Plan9 の dumpfs に似たデイリーバックアップシステム
rc - AT&T Plan9 shell の実装
wmii2 - 軽量でタブを使い積み重ねできる X11 ウィンドウマネージャバージョン 2
wmii - 軽量なタブ方式の積み重ね可能なウィンドウマネージャバージョン 3

2014-02-11 この日を編集

systemdとかいいからRCバグを潰すんだ

  • Bug#707903、delayed 7 へアップロード
  • Bug#718647、delayed 7 へアップロード
  • Bug#707901、死亡してるんじゃない?と意見
  • Bug#738597、登録。
  • Bug#707900、大体作業終わりだけど、testの部分がpostgresqlのinitdb呼んでるのだが、Debian特有の事情でinitdbないんだよね。ということでこの部分は書き直しなりなんなり必要。
  • Bug#738407、delayed 7 へアップロード
  • Bug#713193、delayed 7 へアップロード
  • Bug#723789、最初のFTBFSを潰したら他のが出てきたのでそこまでをメモ、retitleしておいた
  • Bug#725579、delayed 7 へアップロード
  • Bug#735785、upstreamの新しいバージョンでは直ってるのでその旨とfixed-upstreamタグをつけておいた(バージョンが上がると色々ややこしそうだったのでそこで止めておいた)
    →もう新しいバージョンのは別パッケージとしてリポジトリにあるよ、ときた
    →問題箇所が特定できたのでパッチ作って送っておいた(CMakeだと勘どころが全く分からなかった…)
  • Bug#738371、直してアップロードした
  • Bug#718647、新しいバージョンをアップロード

GPG署名をdebianのuscanでちゃんとチェックする方法

guile-pgというソフトのアーカイブディレクトリを見たら.sigで署名のファイルもおいてたので、ちゃんとチェックするようにしようと思い立つ。

Googleさんでメールアーカイブを検索して、リリースアナウンスでGPGサインしているのを見つけた。キーは4C807502らしい。

$ gpg --recv-keys 4C807502 

したんだけど失敗。普段使っている pgp.nic.ad.jpには情報がないっぽいので、多分pgp.mit.eduとかでとれるんじゃないかなーと指定しなおし

$ gpg --keyserver pgp.mit.edu --recv-keys 4C807502 
gpg: 鍵4C807502をhkpからサーバーpgp.mit.eduに要求
gpg: 鍵4C807502: 公開鍵“Thien-Thi Nguyen (software signing) ”を読み込みました
gpg:     処理数の合計: 1
gpg:           読込み: 1

取得できた。

$ wget http://download.savannah.gnu.org/releases/guile-pg/guile-pg-0.46.tar.xz.sig -O /tmp/guile-pg-0.46.tar.xz.sig
$ gpg --verify /tmp/guile-pg-0.46.tar.xz.sig 
gpg: 署名されたデータがありません
gpg: can't hash datafile: ファイルのオープン・エラー

sigファイルと比較するファイルが無いのでwgetで取得して同じディレクトリに置いて、再度--verify

$ wget http://download.savannah.gnu.org/releases/guile-pg/guile-pg-0.46.tar.xz -O /tmp/guile-pg-0.46.tar.xz
(snip)
$ gpg --verify /tmp/guile-pg-0.46.tar.xz.sig 
gpg: 2013年03月14日 19時26分17秒 JSTにDSA鍵ID 4C807502で施された署名
gpg: “Thien-Thi Nguyen (software signing) ”からの正しい署名
gpg:                 別名“Thien-Thi Nguyen ”
gpg: 警告: この鍵は信用できる署名で証明されていません!
gpg:       この署名が所有者のものかどうかの検証手段がありません。
主鍵の指紋: 748E A0E8 1CB8 A748 9BFA  6CE4 6703 2224 4C80 7502

guile-pg-0.46.tar.xzは4C807502で署名されていることがわかったので、鍵をdebian/upstream/signing-key.ascに放り込む。
注意点としては現時点ではdebian/upstream-signing-key.{asc,pgp}でやっとかないとlintianがエラーと判定するのだけど、これは私の予想ではバグなのでBTSしておいた。回避策はdebian/source/lintian-overridesにエラー内容を記述して無視すること。

$ gpg -a --export 4C807502 > debian/upstream/signing-key.asc

で、debian/watchファイルにpgpsigurlmangleオプションを指定。

version=3
 
opts="pgpsigurlmangle=s/$/.sig/" \
http://download.savannah.gnu.org/releases/guile-pg/guile-pg-(.*).tar.xz

これで準備完了。

$ uscan
guile-pg: Newer version (0.46) available on remote site:
  http://download.savannah.gnu.org/releases/guile-pg/guile-pg-0.46.tar.xz
  (local version is 0.16)
gpgv: 2013年03月14日 19時26分17秒 JSTにDSA鍵ID 4C807502で施された署名
gpgv: “Thien-Thi Nguyen (software signing) ”からの正しい署名
gpgv:                 別名“Thien-Thi Nguyen ”
guile-pg: Successfully downloaded updated package guile-pg-0.46.tar.xz
    and symlinked guile-pg_0.46.orig.tar.xz to it

ということでちゃんと署名チェックしたtarballが取得できるようになった