«前の日(03-03) 最新 次の日(03-05)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2004-03-04 永遠と一秒のためのDIARY この日を編集

今日の俺的 po-debconf/ja

post-faqeuro-supportがclose。 少しは真っ赤なのが減ってきてるかな。

partimageがclose。

dhcp3は被っているのを見つけたけど、勿体無いのでそのまま査読提出。

きょうのかーねるさん

make[2]: *** [crypto/cast6.o] Hangup
make[1]: *** [crypto] Hangup
make: *** [stamp-build] Hangup

む、2.6.4-rc1-mm1、しっぱい。
2.6.4-rc2にしてみるか。make-kpkg、っと。これは成功。local repositoryに突っ込んでおく。更新は後日。


2010-03-04 この日を編集

devscripts パッケージからコマンドをランダムに選んで調べる

という課題が課された。のでちょっと使ってみた結果を書いてみる。

rc-alert

$ rc-alert -d U 

で、現在そのマシンにインストールされているパッケージでの RC バグ一覧(Unstable にあるもの)を持ってくる。

$ rc-alert --exclude-dists OSTE 

としたら、現在そのマシンにインストールされているパッケージでの Unstable 「のみ」の RC バグを持ってくる。O = oldstable, S = stable, T = testing, E = experimental 。さすがに unstable のみに絞ると少ない。

pts-subscribe

$ pts-subscribe <package>

Package Tracking System にはメールで変更を購読する機能がある。が、それなら普通にウェブから登録すれば良いじゃん、と思った私が浅はかでした…このコマンド、at を呼んでいて「30日後に購読解除」が行われます(日付は変更可能)。なので、登録しまくっても30日後にはスッキリ。

desktop2menu

.desktop ファイルから Debian メニューへの雛形を作ってくれる模様。

chdist

お手軽に特定ディレクトリにパッケージデータベースを持ってこれる。apt-get source も気軽に出来る。今回一番有用かも。

$ chdist create D
(sources.list いじる)
$ chdist apt-get D update
$ chdist create U
(sources.list いじる)
$ chdist compare-version D U > /tmp/compare.log
$ lv /tmp/compare.log |grep newer_in_D|wc -l
7311
$ lv /tmp/compare.log |grep newer_in_U|wc -l
4223

ふむ、4000か。0にしたいね。

GPG のワーニングが出てしまうのがいやだなぁ… /etc/apt/trusted.gpg を決めうちで見に行っている様子。これが root じゃないと読み取れないのでエラーになる、と。
man apt.conf して、ACQUIRE::gpgv "--homedir /home/henrich/.chdist/D/etc/apt/"; とかやってたが違った。結局、apt のソースを gpgv で grep して methods/gpgv.cc から GPGV::TrustedKeyring というキーワードがわかったのでこれを apt.conf に書き込む。。。あたり!ワーニングが出なくなりました。あとでBTSしとく。

追記:BTS した

mk-build-deps

ビルド時依存関係のダミーパッケージを作る。のだが、どう使うのだろう? ためしに入れて本当に必要かどうか確認するとかだろうか。

deb-reversion

deb を解いて package revision を上げる。local パッケージが Official のパッケージのアップデートにより上書きされる場合に便利、なのかな。

tagpending

debian/changelog をパースして、次のアップロード時に閉じられるバグに pending のタグをつけてくれる。パッケージメンテナ専用だな。

list-unreleased

UNRELEASED な changelog を見つけてリストアップするツール、ってこれもメンテナ専用、しかも大量のパッケージを担当している人向けっぽい。

dd-list

パッケージメンテナのリストを出す。transition 告知用のツールだな。

cvs-debrelease

cvs-buildpackage で作ったパッケージをアップロードするツール。なぜ必要なのかが良くわからない…svn-debrelease とか git-debrelease はないのに。