«前の日(03-18) 最新 次の日(03-20)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2004-03-19 Tell me what the rain knows この日を編集

今日の俺的 po-debconf/ja

昨日courierがclose。


2005-03-19 この日を編集

受かってしまった

通知 奇跡的だ。
ところで学割は使えるのだろうか?(笑

レ・ミゼラブルを見てきた

帝国劇場で前職の同僚(男性です :-) とレ・ミゼラブルを見てきました。 2003 年の際の演出と違っていて、かなり舞台が動く動く,と言う感じで。


2013-03-19 この日を編集

sfddiff を使えばフォントファイルの比較ができる

sfddiffなるものがあった。これをうまく使えばフォントパッケージのデグレを防げるのではないだろうか。

mergeオプションは使い辛い。

$ LANG=C sfddiff fonts-vlgothic-20121109/VL-Gothic-Regular.ttf fonts-vlgothic-20121230/VL-Gothic-Regular.ttf |grep "Glyph.*differs"

上記で差異があるグリフの番号については取り出せるから、あとはそのグリフについて2つのフォントで読み込んで画像を出力できたりするといいのかな?

changelog用にグリフだけ一覧出力するのもありだな。。。

fontimageでpngファイルに文字列を出力できるのはわかった。グリフを指定してはできないか。