«前の日(05-12) 最新 次の日(05-14)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. えとー (05-18)


2004-05-13 BLONDE この日を編集

logrotate

logrotate (3.7-1) unstable; urgency=low
  * Moved to using dpatch to keep track of changes.
  * New upstream release:
    + Includes some SELinux code, not compiled in by default as
      libselinux1 is not a base package. (Refer: #224880)
...
ふむ、オプション変更してrecompileすればいいのね。

敗北ギミ。

ARCServe for Linux Disaster Recovery Option は Red Hat 7.2 ベースの boot disc になっている。
よって、tape デバイスが繋がっている SCSI ボードは Red Hat 7.2 対応のハードウェアじゃ無いとダメ。
RH9 用のドライバ を起動時に linux dd として読み込ませてみたが全くダメでした。ううう。。。

他にも試しに

sllinux

たまにはなごんだものも。


2005-05-13 この日を編集

はーりぼーてはりぼて

久々に思い出した。いいものだ。

release delay?

個人的には漸く気力が復活してきているので、多少遅れてくれたほうが間に合うものが出そうという気が。
(気力は復活したが、体が…という話もあります;)

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ えとー [はーりぽーた はりぽた って見えた]


2007-05-13 この日を編集

パッケージング

現実逃避にパッケージングをやってみようとしているが、また忘れてる orz
とりあえず小夏フォントをパッケージにしてみた。ライセンスも CC3.0 ならいけそうだし。細かな点を作者の方に質問してみて、クリアになったら ITP してみよう。


2011-05-13 この日を編集

eglibc 2.13-3 が地雷らしい

-4 で直ってるから、それ待ちで。


2013-05-13 この日を編集

何かを実現するには労力を払うか対価を払うか

ISSで利用するマシンをWindowsからDebianへ移行する話。

まずは何故世界有数のソフトウェア企業Microsoftが10年以上の長期間、丁寧にサポートしているWindowsから、ボランティアで開発しているリリースバージョンのサポート期間は3年間のDebianに移るのか、という点。ちゃんと理由が書いてあるわけですね。
“We migrated key functions from Windows to Linux because we needed an operating system that was stable and reliable – one that would give us in-house control. So if we needed to patch, adjust or adapt, we could.” 「必要なら自分たちで手当てできるものが欲しいんだ」ってね。

そして "To manage all of the astronaut’s needs Chuvala was looking for newer, more robust enterprise support, which was achieved by moving from a Scientific Linux distribution to Debian 6."(より新しくて手厚いエンタープライズレベルなサポートを実現するために Scientific Linux から Debian へ移行した)というのはおもしろい。

やっぱり普通のデスクトップのディスクは遅い。

頑張ったけど、高速化の糸口はないなー

画像の説明