«前の日(05-14) 最新 次の日(05-16)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. yshigeru (05-16)


2004-05-15 Another Grey Day in the Big Blue world この日を編集

ためしに入れてみるか

ということで風博士入れてみた。まだ使ってないけど。


2009-05-15 この日を編集

疲れがでたようだ

いっかいやすみ

eclipse-l10n-hogefuga

本体のパッケージがないが作っておくことにした。出来たら何で本体ないのか聞いて、eclipse-nls-sdk は消す依頼をしよう。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ yshigeru [ゆっくりお休みくださいませ。]


2010-05-15 この日を編集

bug triage

jruby で既にあるパッケージを使うように提案してみる。まだまだ不十分だけど。


2011-05-15 この日を編集

訳訳

珍しくインストールマニュアルなどをみて未訳部分を発見したのでその対応など。
あと、po-debconf更新は、debian-doc メーリングリストに投げてるとおりです。


2014-05-15 この日を編集

debcheckout

henrich@hp:~/tmp/temporary-net-snmp $ debcheckout net-snmp
declared git repository at git://anonscm.debian.org/pkg-net-snmp/pkg-net-snmp.git
git clone git://anonscm.debian.org/pkg-net-snmp/pkg-net-snmp.git net-snmp ...
Cloning into 'net-snmp'...
(snip)
henrich@hp:~/tmp/temporary-net-snmp/net-snmp(master) $ gbp buildpackage 
(snip)
gbp:info: Orig tarball 'net-snmp_5.7.2.1~dfsg.orig.tar.gz' not found at '../tarballs/'
gbp:warning: Pristine-tar branch "pristine-tar" not found
fatal: Path 'net-snmp_5.7.2.1~dfsg.orig.tar.gz.delta' does not exist in 'refs/remotes/origin/pristine-tar'
pristine-tar: git show refs/remotes/origin/pristine-tar:net-snmp_5.7.2.1~dfsg.orig.tar.gz.delta failed
gbp:error: Couldn't checkout "net-snmp_5.7.2.1~dfsg.orig.tar.gz": /usr/bin/pristine-tar returned 128

debcheckoutはpristine-tarブランチを一度自動でcheckoutしてmasterに戻る、という挙動をするのはどうだろうか?私はこの動作を毎度忘れる。