«前の日(08-25) 最新 次の日(08-27)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2004-08-26 ローマ・函館 この日を編集

VMWareのせい?

あるパッケージ を試しに apt-get install したらいきなりエラー。ここで素直にあきらめればいいのに無知な初心者ゆえ「何とか入れられるだろう」とか考えたのが運のつき。

  • 出てきたエラーはユーザが存在しないというものだったので、関連するパッケージからこぴぺでクリアー。
  • ディレクトリが存在しない、というのもgoogleさまにお尋ねしたところ、とりあえずdirsに書けば作成するということなのでとりあえずクリアー(ちょっと疑問もあるけど)
  • で、問題が「なぜかパッケージを build すると configure: error: installation or configuration problem: C compiler cannot create executables.」…なんじゃそら。
  • で、slのパッケージから :-) こぴぺで「$(MAKE) CC=gcc CFLAGS="-O2 -g -Wall"」すると通る…ってなんで?

てなことをircで話していたが「うちだとそのままで通るような…気がする…」と とぴくのネタによくなる某人気者 な方にいわれ、エー?てな感じになる。

で、よく考えたらVMWare上のSidで作業していたので、実機でやってみることにしてみる。すると。。。「問題なく通りました」。。。

激しく納得いかねーのじゃよー!!!(ファーザー風味)

とほほ。。。こんなんで使っても無いパッケージのために時間使ったのか、俺は。

あ、申し遅れましたが

ご対応、ありがとうございました。お手数おかけしました。


2008-08-26 この日を編集

リソース・エコノミー

表題は私がさっき作った勝手な造語。(他で既に言われていたり、被っていたとしても、その定義とか見てないから何とも言えん)

現状、経済が好調な所は、自分が見るにエネルギー源(石油/ガス)の産出国、レアメタルの産出国。ロシアはウハウハ。一時期の苦境は「何それ?」状態。プーチンとラスプーチンが似てるのは何ででしょうか(関係ない)

地理的な要因が大きい、大資本(武力含む)でないと市場に参加できない…など参入障壁が高い上に、資源は複製できないのだからなぁ。ポーターの図でもって書いてくれたら分かるかな?

それまで「高付加価値」とか言っていても、そもそも製品の生成の根幹部分であるエネルギーとレアメタルを抑えられていたら、コスト部分は相手の言うがまま。高価格で販売できたとしても、その分コストを上げられたりしたらアウト。

データはデジタルで複製可能(劣化なし)、DRM は市場を自ら狭める手段で、消費者が躊躇する。コンテンツのみでこういうリソースが半ば無尽蔵に出てくる相手と渡り合うのは辛そうだ。

労働力問題は、知識の伝達がインターネットなどの低コスト手段で伝えられるようになってきているので、日本ではコストが高い作業が外に流れていく(まぁ、国境線で社会経済動向について一線を引くのもどうか、というのはあるけど)。

うーん、日本のメディアも、アメリカからシフトしてせめてEU中心の見方とか伝えてくれないかなぁ。危機感出さないと人間動かないと思う。

追記:とかゆーてたら、ちょうどNHKでそんな番組やってた(笑


2010-08-26 この日を編集

そろそろ、うぶまがの季節です

Ubuntu Magazineということで、Ubuntu Magazine も Vol.5 が出るようです
いいなぁ、ステッカー。そうそう、Canonical の CEO さんは非常にスマートでした。ああいう回転の脳みそが欲しいですね。