«前の日(09-04) 最新 次の日(09-06)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. mhatta (09-07)


2004-09-05 この日を編集

パッケージを更新してみる。

オフィシャルのパッケージが更新されていないので、練習としてローカルで更新してみる。

henrich@dell:~$ mkdir src
henrich@dell:~$ cd src
henrich@dell:~/src$ wget http://www.gcd.org/sengoku/stone/stone-2.2c.tar.gz
henrich@dell:~/src$ apt-get source stone
パッケージリストを読みこんでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています... 完了
50.9kB のソースアーカイブを取得する必要があります。
取得:1 http://ring.asahi-net.or.jp testing/main stone 2.2-1 (dsc) [557B]
取得:2 http://ring.asahi-net.or.jp testing/main stone 2.2-1 (tar) [47.6kB]
取得:3 http://ring.asahi-net.or.jp testing/main stone 2.2-1 (diff) [2704B]
50.9kB を 3s で取得しました (16.1kB/s)
dpkg-source: extracting stone in stone-2.2
henrich@dell:~/src$ cd stone-2.2
henrich@dell:~/src/stone-2.2$ uupdate -u stone-2.2c.tar.gz -v 2.2c
New Release will be 2.2c-1.
Symlinking to pristine source from stone_2.2c.orig.tar.gz...
-- Untarring the new sourcecode archive stone-2.2c.tar.gz
Success!  The diffs from version 2.2-1 worked fine.
Remember: Your current directory is the OLD sourcearchive!
Do a "cd ../stone-2.2c" to see the new package
henrich@dell:~/src/stone-2.2$ cd ../stone-2.2c
henrich@dell:~/src/stone-2.2c$ fakeroot dpkg-buildpackage
dpkg-buildpackage: source package is stone
dpkg-buildpackage: source version is 2.2c-1
dpkg-buildpackage: source maintainer is Hideki Yamane 
dpkg-buildpackage: host architecture is i386
 debian/rules clean
dh_testdir
dh_testroot
rm -f *-stamp
/usr/bin/make clean
make[1]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
rm -f stone md5c.o stone.exe stone.obj md5c.obj stone.o logmsg.o service.o svcbody.o MSG00001.bin logmsg.h logmsg.rc
make[1]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
rm -f stone.ja.1
dh_clean
 dpkg-source -b stone-2.2c
dpkg-source: building stone in stone_2.2c.orig.tar.gz
dpkg-source: building stone in stone_2.2c-1.diff.gz
dpkg-source: warning: file debian/postinst has no final newline (either original or modified version)
dpkg-source: building stone in stone_2.2c-1.dsc
 debian/rules build
dh_testdir
/usr/bin/make linux-ssl SSL_FLAGS="-DUSE_SSL -I/usr/include/openssl" \
SSL_LIBS="-L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto" \
POP_FLAGS= POP_LIBS=
make[1]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
/usr/bin/make TARGET=linux ssl_stone LIBS="-ldl"
make[2]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
/usr/bin/make FLAGS=" -DUSE_SSL -I/usr/include/openssl" LIBS="-ldl -L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto" linux
make[3]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
/usr/bin/make FLAGS="-DINET_ADDR -DCPP='\"/usr/bin/cpp -traditional\"' -DPTHREAD -DUNIX_DAEMON -DPRCTL -DUSE_SSL -I/usr/include/openssl" LIBS="-lpthread -ldl -L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto" stone
make[4]: Entering directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
cc  -DINET_ADDR -DCPP='"/usr/bin/cpp -traditional"' -DPTHREAD -DUNIX_DAEMON -DPRCTL -DUSE_SSL -I/usr/include/openssl -o stone stone.c -lpthread -ldl -L/usr/lib/ssl/lib -lssl -lcrypto
make[4]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
make[3]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
make[2]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
make[1]: Leaving directory `/home/henrich/src/stone-2.2c'
cp -a stone.1.ja stone.ja.1
touch build-stamp
 debian/rules binary
dh_testdir
dh_testroot
dh_clean -k
dh_installdirs
install -m 755 -o root stone /home/henrich/src/stone-2.2c/debian/stone/usr/bin/stone
dh_testdir
dh_testroot
dh_installdocs
dh_installchangelogs
dh_installman stone.1 stone.ja.1
dh_strip
dh_compress
dh_fixperms
dh_installdeb
dh_shlibdeps
dh_gencontrol
dh_md5sums
dh_builddeb
dpkg-deb: ../stone_2.2c-1_i386.deb にパッケージ `stone' を構築しています
 dpkg-genchanges
dpkg-genchanges: including full source code in upload
dpkg-buildpackage: full upload (original source is included)
henrich@dell:~/src/stone-2.2c$ vi debian/changelog
henrich@dell:~/src/stone-2.2c$ cd ..
henrich@dell:~/src$ ls
stone-2.2   stone_2.2-1.diff.gz  stone_2.2.orig.tar.gz  stone_2.2c-1.dsc           stone_2.2c-1_i386.deb
stone-2.2c  stone_2.2-1.dsc      stone_2.2c-1.diff.gz   stone_2.2c-1_i386.changes  stone_2.2c.orig.tar.gz
henrich@dell:~/src$ sudo dpkg -i stone_2.2c-1_i386.deb
Password:
(データベースを読み込んでいます... 現在 24720 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
stone 2.2c-1 を(stone_2.2c-1_i386.deb で)置換するための準備をしています...
stone を展開し、置換しています...
stone (2.2c-1) を設定しています ...

というかんじで stone のパッケージを更新してみた。参考にしたのは Debian メンテナ入門 第 9 章 - パッケージの更新
一応接続自体は問題なくいってます。思っていたよりは難しくなかったですが、どっかに落とし穴があるかも(わ

さらに今度はパッケージを1から作ってみる。

題材は quitsl をベースにしたプログラムですね。

ということで、slのパッケージを参考に試行錯誤の末、 一応できた のですが

  • section が unknown のまま。あれ?gamesにしたはずなのに。
  • man が日本語なのでおかしなことに。えーとどうするんだっけ。

とまぁ、課題はまだあるのでした。

"quit"ぱっけーじの続き

quit実行中 一応manを直して、section も直した。これでひと段落。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ mhatta [私家版パッケージを作るときは、Debianバージョンを-0.1とかにしておくのが定石です(今回の場合なら2.2c-0..]


2005-09-05 この日を編集

New experimental "shadow" package 4.0.12-1, synced with upstream

おお、ようやく か。manpages-ja からは抜かれるのかな?<passwd/shadow


2007-09-05 この日を編集

りーずなぶる

Having not pursued this issue in any depth, this sounds reasonable to me.

:-)

pod2man

man がない perl プログラムもこれで書き出せばOK。


2008-09-05 この日を編集

gihyo.jp の FreeBSD 記事 9/2 版。よくこんなに更新できるなぁ…「Apache HTTP Serverのportがセキュリティ問題対策を施すためにアップデートされています。」…ふむ?あ、これっぽい。Fix CVE-2008-2939 とかあるし。

じゃ、Debian では?

apache2 (2.2.9-7) unstable; urgency=low
 
  * Fix XSS in mod_proxy_ftp (CVE-2008-2939).
  * Fix mod_proxy_http losing the query string with noescape (PR 45247).
  * Make the balancer manager work in Opera and MSIE (PR 45578).
  * Fix mod_headers "edit" removing multiple headers with the same name (PR
    45333).
  * Also describe how to get a backtrace from a running process in
    README.backtrace.
 
 -- Stefan Fritsch   Fri, 08 Aug 2008 19:27:40 +0200

だから気づかなかったのか。というか、CVE があるなら urgency=high の方が良くないか、これ。もう testing 入ってるような気もするが。


2009-09-05 この日を編集

Applicant Manager が付きました

22歳か、若いのー。コンゴトモヨロシク

で、ID check を通過。db にはまだ反映されず。P&P で早くも大量の質問に圧倒されている自分。


2010-09-05 この日を編集

A Narrative Introduction to the Debian Security Tracker

security trackerの説明。忘れそうなのでメモしておく。


2011-09-05 この日を編集

shotwell続き

先日のは、「shotwell は、GNOME メニューでなぜか訳が反映されない」という問題について忘れないためのメモ。で、これ自体は何が悪いわけではない…のだが、状況によって問題が発生することが判明。

正しく動作するには以下の条件が必要

  • localeデータが生成されていて
  • LANGで上記のlocaleが正しく指定されている

だから locale がそもそも生成されていない環境や、LANGが C とか unset されている環境では gettext による訳が生成されないのであった。

どうするのがいいかね…locales-allに依存して、適当に en_US.UTF-8 とか指定しておく? 何というか場当たりな対応だね…

remmina

あー launchpad 上では訳がされているのか。でもリリースがないんだな…

gimp

[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
_Name=GNU Image Manipulation Program

desktop/gimp.desktop.in.in で指定されている。でもなぁ、GNU Image Manipulation Programなんて誰が知ってるよ?みんな gimp で覚えてるだろ

empathy

あーパッケージのバージョンが古いからか…2.30からいつになったら変わるのかな?


2012-09-05 この日を編集

delta rpm

どうやら presuto-utils の createdeltarpms からたどればいいようだ。

今って delta rpm は主流なのかな?