«前の日(09-28) 最新 次の日(09-30)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. やまだぬき (10-16)


2005-09-29 この日を編集

書き込みのページだけは出てくるのに

謎だ。

もうひとつ謎。

確認しないで書いてみる。 「Powered by Ruby version 1.8.3」とこのページでは出てくるが、1.8.2 に戻したんだけどな。うーむ。

ん、$ grep "Powered" -r /usr/share/tdiary/ したら /usr/share/tdiary/skel/footer.rhtml で ruby -v してるか。
確かに 1.8.3 ってでてくるが、 lv /usr/share/doc/ruby1.8/changelog.Debian.gz は

ruby1.8 (1.8.2-9) unstable; urgency=high

ん。おかしいの。


2007-09-29 この日を編集

デスクトップ PC をつないでみる

ノートで色々いじるのもいいのだが、テストなどするのにいいかな、と思いデスクトップ PC を使うことを思いつく。引っ越してから電源も入れてなかったのだが。

アップデートをかけてみる。むぅ、300MB ぐらいダウンロードが…しかもメモリが 600MB ぐらいしかない。昨今の平均的な PC と比べるとまるでダメだな。

openSUSE とか Fedora とか Ubuntu とか入れてパクれる参考に出来るところを探してみたいとも思ったり。

DSA 訳

進めた。でも残り550個ぐらいあるんだよな。

TOMOYO Linux

alien でパッケージはちょっと悲しすぎるので、手を付けてみることにした。でも早速本筋以外の Makefile の手直しとかに熱中してる。ダメじゃん>俺

OSC 準備はじめてるよー

なぜか小物を買うのに熱中。

iPod なの。

Apple iPod nano 8GB ブルー MB249J/A ぽちっ。

CRYSTAL COAT #01

CRYSTAL COAT #01 高密度ガラス繊維系ポリマーコート剤 ケータイWatchの記事を見て欲しくなった「Glass fiber CRYSTAL COAT #01」。amazon で見かけたのでポチッと。

coreutils

む?すごいバージョンが飛んでるな。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ やまだぬき [ぽちっ。]


2008-09-29 この日を編集

情報セキュリティ技術動向調査(2008 年上期)by IPA

Debian OpenSSL の件について書いてあるそうなので読んでみた。

まとめ ソフトウェアの変更は、対象のコードを正しく理解して行う必要がある。あいまいな理 解のもとに、検査ツールが警告を出したという理由だけで変更を行うのはかならずしも望 ましい結果をもたらさない。また、コードの変更無しに要求される効果が得られるのであ れば変更すべきでない。変更を行わなければ、少なくとも新しい問題を発生させることは ない。 以上

…何の結論だ、これは…orz 意味がほとんど無いような…

というか、そもそも OpenSSL 開発元では -dev のメーリングリストとは別に開発用のメーリングリストがあって、web 上のどこにもその記載が無く、存在をほとんどの人が知らなかった(チャンネルが違っていてミスコミュニケーションが発生していた)とか、そういう点も論及すべきではないかなぁ…

あとはパッケージ側で変更を加えたとしても、テストケースを用意して十分な性能が出るかどうかをチェックできるようにすべき、とか、重要なパッケージについてはチーム制で相互チェックしてからアップロードすべき、とか言えることは色々あるだろうに「理解しない限り変更してはならない」って…。うーん、そりゃそうだろうけどさ、それを結論に持ってくるのか…という感じ。これ、報告書作るのにお金発生しているのだよね?これで報告としてOKなの?…普通、ミーティングとかに持っていったら、ど突かれそうな結論だと思う。

pkg-fonts-devel

コミットし忘れてた…done。ライセンス訳も手をつけてなかったが、とりあえずのレベルでコミット。

フォントのチェック

たまーに一部の文字が太字で逆に細くなる、などの問題があるが、切り分けとしては gucharmap で手軽にできる。「どうやって貢献したらいいのか分からない」という人は、VLゴシックなどのフリーなフォントで太字にしたりして問題が無いかどうかなどチェックしてみてほしい。


2009-09-29 この日を編集

Try to write in "Machine-readable debian/copyright" format

I tried to rewrite debian/copyright file in poppler-data package as "Machine-readable debian/copyright" mentioned.

But it's not easy, I should clear some things so I asked to that mailing list. Maybe they don't want to discuss such licensing issue, but I need it.

And one thing I don't understand is "BSD" license. There are 3 items.

BSD  	Berkeley software distribution license
NetBSD 	NetBSD Foundation’s (TNF) license
FreeBSD 	FreeBSD Project license

Umm?

BSD-style licenses

Now, NetBSD uses 2-clause BSD license (they used 4-clause in the past) and FreeBSD also uses 2-clause BSD license but they adds lines as below.

The views and conclusions contained in the software and documentation are those of the authors and should not be interpreted as representing official policies, either expressed or implied, of the FreeBSD Project.

And, how about OpenBSD? It is here, it's so simple.

Anyway, 2-clause BSD seems to be main for BSDs.

great work, Debian ftpmasters!

Today, I filled 4 tiny bugs about packages' section override, and after 11 hours, all of those bugs are fixed and closed. I'm happy because they respond so quickly.

And, as I see, today's Debian NEW and BYHAND Packages list is very short. There were 2 or 3 hundred packages that need to be checked by ftpmasters in the past. And now, it is less than 20! great.


2011-09-29 この日を編集

メインマシン死亡

hack cafe後、帰宅して電源入れようとしたら死亡していました…約3年間頑張ってくれたわけですね。


2013-09-29 この日を編集

pysvn パッケージ

何故か現状の環境でビルドすると、ビルドがこける or .so ファイルが無い状態でパッケージができるという謎な状態のパッケージ。最後にNMUしたのは自分なんだけど、その時はそんなことは無かったはず、なので、何ともはや。

modernize したらこけることもなくビルドも通るようになった。なんでだ。ちょっとデフォルトのままで出来ないところがあってもやもやしたけど…。

現メンテナにアップデート打診してみるかな。やる気無かったら、やる気ありそうな人が居るので、そっちに引き継ぐのもありか。