«前の日(11-06) 最新 次の日(11-08)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. hyoshiok (11-20)
  2. Say-no (11-14)


2004-11-07 この日を編集

280000げとずさー

300000も近いですな。

qpdf

また使ってもいないもので気になることが。

xpdf をベースにしたプログラムというのは結構多いようで、しかもそれぞれが個々に xpdf ベースに色々とやっている。できれば xpdf を share できる形で存在しているほうが良いと思うのだが、実際そうなのだから仕方がない。
で、そうなると xpdf に脆弱性が発見されたときにそれぞれのパッケージで修正を行わなければならない。困ったもんですな。

qpdf という opie のアプリのひとつで りなざうなどで使われるソフトも xpdf ベースの模様。Deban だと op-qpdf-fb パッケージ。 ふーむ、このパッケージの更新は9月頭が最後。xpdf の脆弱性対応前のリリースだな。

ソースは読めない人なので xpdf の changelog を参考に差分をとってこぴぺで patch を作って 放っておく。実際脆弱性の影響があるかどうかは不明なんだけど、もし関係ないなら close されるだろうし、いいか。

声をあげる事から始めよう

何も考えずに「Debian はダメだ」と批評するだけなのは楽しいのかもしれません。が、楽にはなりませんね。本当に楽をしたい堕落志向の私としては、ダメなら良くする(してもらう)方向で報告するようにしています。bug があっても気づかなきゃ直されることはないし、手元で毎回直すよりはパッケージ(or upstream)レベルで修正してもらうほうが楽。それに自分よりも経験豊富な developer が1000人もいるならやってもらう方が安全だし :-)

Debian には BTS があるので、とりあえず活用してみたほうが良いんじゃないの?と思うのですが、意外に皆さん使われていない模様。 reportbug パッケージ を使うと楽に報告できるのでお勧めです。Let's apt-get install reportbug :)

carnation「ACE OF SPADE」

carnation「ACE OF SPADE」 初 CCCD。今後はCDで発売されるようになったようなので、CCCD に悩まされることも無くなるだろうということで購入。シングルなのだがタイトル曲を含む4曲の新曲(スペードのエース / 十字路 / Rose Garden / Low Pressure)とライブを2曲(My Little World / Black Coffee Crazy)にタイトル曲のインスト(スペードのエース)というありえないほどの太っ腹構成。出来もスカパラホーンが冴え、メロディアスでポップな要素を含んだタイトル曲といい素晴らしい出来合い。CCCD だからと買い控えていた人は是非に、という大変お勧め。

carnation「LOVERS' FAVOURITES」

carnation「LOVERS FAVOURITES」 で、こちらは CCCD の余波(笑)で発売されることになったアナログ盤。
なのだが、振込先が文字化けしていて振込みできない…で、問い合わせたのだけどナシのつぶて。再度問い合わせてみることにしよう。

HDD Health 続き

HDD Health うーむ。


2006-11-07 この日を編集

WSUS 別サーバへのコピー

一応こんなので動いた。いいのかどうかは不明。

  1. 両方のSQL サービスとめておく
  2. c:\WSUS バックアップコピーとる
  3. 旧サーバから丸ごと c:\WSUS 内容コピー (xcopy)
  4. バックアップコピーから master* を上書き
  5. サービス立ち上げなおし

WSUS 続き。

ダウンロードパスが変わったので修正が必要。MSの文章を参考に。

WSUSさらに続き

更新プログラムが再度ダウンロードされた。どうなってんだ。いけてない。

WSUSさらにさら(ry

位置指定がまずかったらしい。もう一度。


2008-11-07 この日を編集

アイランド・オーサカ

ということで行ってきました関西オープンソース2008。初っ端から定期入れ車中に忘れたり地下鉄で迷ってたりして、時間に遅れそうになり関係各者から心配の連絡が入ってきたりという幕開け。無事間に合って良かった。

で、肝心の話ですが「『あなた』とオープンソース/フリーソフトウェア、そして『Debian』(ver.k-of2008)」ということで、私から見たFLOSS(フリーソフトウェア、オープンソースソフトウェア)について45分枠で50分トークでした。資料の8割がたは前回の使いまわしだったので時間がそんなには押さなくて済んだかな(のがじゅんさんには巻き入れてもらいましたが :-) あ、ビデオを撮っていたのですがお釈迦になったそうです。残念でした。

参加者は30名弱でしたが、いい評価をくれた人もいるので良い発表だったはず、です。うん。(あ、僕だけビッグじゃなくて、しかも関西の人じゃないけどcodezineさんで取り上げてもらってますね。)

追記:他にもコメントしてくれてる方がいます。どーもです :-)

資料は OOo 3.0 で作ったものを OOo2.4 資料に混ぜたら保存する度にスタイルが変になる状態(PDF で書き出すとグラデーション部分が筋になるし…)なので、落ち着いてから公開予定です。

さらに追記&追記:資料について PDF 版OpenOffice.org 版を出しました。PDF でのグラデーション問題の話は evince を後で追っかけるとして Adobe Reader だと大丈夫です。何かの参考になれば。

利益が出ることを否定するのがフリーソフト/オープンソースソフトウェアではない

たまに激しく勘違いしてる人が居て萎えるが、収奪構造ではない利益獲得はむしろ好ましいものだ、という話を KOF と併催されていた FOSS4G 2008 Osaka の方に来ていた先生と懇親会の際に話をした(そういえばお名前を聞いていなかった…)。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ Say-no [グラデーション部分が筋になるのは、PDFビューワの側に問題があったりしませんか?以前、OOoで作成したものをEvin..]

_ hyoshiok [質問時間をとって欲しかったぞ。というか、一方的なお話を拝聴するという形式ではなくて議論形式のBoFというのが好き。 ..]


2009-11-07 この日を編集

po-debconf day1

なんとなく、そんな気分になったのでpo-debconf訳をひたすらやってみることにした。結果9パッケージ。査読いただいたフォローについては後日。


2010-11-07 この日を編集

とほほ、自分で作ったパッチのことをすっかり忘れてる…

適用忘れが怖いのでupstreamに取り込んでもらいたいところです。

モトヤフォントx2 がDebian入りしました

Androidにコミットされた上記の2フォントがDebian unstableにも入りました。ちょっとマルベリのパッケージが間違っていて、修正版が今晩ぐらいに入って明日ぐらいにミラーに反映、ですかね。一度使ってみてください
スクリーンショット

sf.net のリダイレクタが変更に追随してないのかな

$ uscan
ttf-umeplus: Newer version (20100928) available on remote site:
  http://qa.debian.org/watch/sf.php/mdk-ut/umeplus-fonts-20100928.tar.lzma
  (local version is 20100816)
uscan warning: In directory ., downloading
  http://qa.debian.org/watch/sf.php/mdk-ut/umeplus-fonts-20100928.tar.lzma failed: 404 Not Found