«前の日(11-11) 最新 次の日(11-13)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2006-11-12 この日を編集

module-assistant と kernel update

kernel パッケージがアップデートされた後、モジュールの作り直しが必要なようだ。
さて、これは

  • 自動的には行われないものなのか
  • 行ってしまうと何が問題なのか
  • 行うには何か問題があるか

まぁ、単に楽したいだけ。

入れた際にどっかにリストに書き込んでおいて、kernel package が入る際に fook スクリプトが読み込むようにして生成する、とかなのかな。
あーでも、インストールが行われた際にそれが実施されるとなんか困りそうな気もする。

eclipse-nls-sdk

単に experimental の 3.2 に追随するだけならできてはいる。さて、でもこれでいいのか。どう分けるのがいいのか。

firefox

GTK_IM_MODULE を unset しないと segv な 2.0。unset してもウィンドウをリンクから新規に開かれるとハングする確率高し。なんでだ。

考えがまとまらなくなってきた

良くない兆候。話を聞いても処理できない。やらなくてはいけないという焦燥感だけが増える。

出力不足

少しずつ消費するだけになっていて、出力が不足している。


2007-11-12 この日を編集

Open Solaris preview

落としてみたので virtualbox で動かそう→いきなりエラーで起動せず orz

get.debian.netつづき

アクセスできるようになったら直すよーと返事がくる。i18n は4月までには何とか、らしい。(マシン管理者の faw さん (Felipe Augusto van de Wiel) が時間が取れない、のかな?)

fedora8 入れてみる。

こちらはスムースに導入。

  • でもなぜか X が 800x600 で認識してるな。あぁ、Virtualbox のビデオメモリ設定が少ないまま(8MB)のせいかな。増やして再起動…自動的には直らないか。
  • アプリケーションのメニューで「仕事」とかあるので何かと立ち上げてみたら Evolution だった(!)
    ポルナレフな AA 貼りたくなるぞ、これ…英語ロケールで見ると「Email」…。
  • SELinux は、有効でも立ち上げて update かますぐらいだったら何の問題もないな。
  • ん、アプリケーションメニュー直下に「アプリケーションの追加と削除」があるな。やっぱりこういう構成にした方がいいのかも。
  • 英語ロケールにしたら、なぜか時間まで変更される罠。15時が24時になってますが??
  • アップデートでなぜか kernel packge が取れないというエラーがでます。英語ロケールで色々やってたらアップデート出来るようになってる?うーん何ででしょ。まさかロケール変更で repository の変更までされてる訳じゃないだろうし。

ということで、あんまりいいインプレッションを感じられなかったのでした。テーマとかは欲しいなぁと思ったのですが、やろうとしてる人がいるのでちょっと待ってればパッケージが出来てくるかも。

vim, view がない?

なぜかハマったので。vim パッケージが何か色々変更された際に手元のシステムではおかしくなってしまったようで。

原因は /etc/alternatives/{vim,view} が既に存在しなくなった vim-full を指定していた事に由来する。
で、update-alternatives --config で直そうとしたら1個しかないので設定変更しないよーときやがる。update-alternatives --auto で対応完了。

$ view
bash: view: command not found
$ ls /etc/alternatives/view -al
lrwxrwxrwx 1 root root 17 2007-08-10 21:41 /etc/alternatives/view -> /usr/bin/vim.full
$ sudo update-alternatives --auto view
$ ls /etc/alternatives/vim -al
lrwxrwxrwx 1 root root 18 2007-11-13 01:29 /etc/alternatives/vim -> /usr/bin/vim.basic

どうやらbug#446462。やれやれ。


2008-11-12 この日を編集

unblocked, unblocked and unblocked!

gksu, update-manager, ttf-vlgothic と unblock された。Luk さんに感謝。あとは update-notifier での修正が取り込まれてくれるといいのだが…


2009-11-12 この日を編集

た、立ち上がらないぞこいつ!

...
INIT: version 2.86 booting
Starting the hotplug events dispatcher: udevd.
Synthesizing the initial hotplug events ... done.
Waiting for /dev to be fully poplulated...[    11.526424] Kernel panic - not 
syncing: stack-protector: Kernel stack is corrupted in: ccccb5b0
[    11.526538]

なぜか 2.6.31 なカーネルだと立ち上がってこないです>古いThinkpad

で、登録しとけ!と言われたのでBugzilla行きとなりました。

そしたら Andrew Morton 登場「こりゃーリグレッションだね!(にっこり) config で無効にしてどうよ?」
続いて Arjan van de Ven「GCC のオプションとかバージョンの情報は?他にパッチ当ててない?」(←今ここ)
うー、ローカルでビルドせにゃならんようだ。

pleiades の debian パッケージ

sourceforge.jp のページに置かせてもらうことになりました。

事務処理ちょこちょこ

ほったらかしにしてたのを進める。

逃避行動で develnews 訳&査読

かっとなってやった。今は他の人の査読を待っている。

syslog 設定の間違い?→私の読み間違えでトラックバックしちゃった ;-)

あーリンク先の方に大変失礼をば。/var/log に書き出さない、という話だったのですね。読み違えてた。でも、パッケージのソースみたら sysklogd そのままだと /var/log に書き出すようにはなってるんだけどなぁ。

/var/log/mail.err に書き出すようにしてるのは debian のソース中なので、Linux specific ではなく Debian Specific な話だと思う(が、他の環境で確認してないので断言はしない)。でも、何にせよ意図的だろう(でなけば、わざわざ書かない)