«前の日(12-18) 最新 次の日(12-20)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. emasaka (12-20)
  2. henrich (12-20)
  3. emasaka (12-20)


2007-12-19 この日を編集

netatalk は gnutls を使うようにはならないんだろうか?

どこかで openssl とのリンク問題の話を見たのでメモ代わりに。

IE6 + digest auth

HTTP クライアントを作ってみよう(6) - Digest 認証編 -より。

これは IE のバグですが、いつまでたっても修正されないので、 Apache-2.0.51 からサーバ側で無理矢理対応する仕組みが設けられました。

ほぅ?

BrowserMatch "MSIE" AuthDigestEnableQueryStringHack=On

2008-12-19 この日を編集

今年の汚れ今年のうちに

Debian.org の News ページで訳されて無いのが目立っていたので、作業し始めた。今年中には 2008 年度分は終わらせる予定なので、査読者歓迎

最近のパッケージアップデート

JD を GNU/kfreeBSD でビルド出来るようにちょっと変更追加しました。誰が使うんだろう、という気もしますがビルドできることが buildd にとって重要でしょう、うん。

unbound は、なんかエンバグというかうまく動かないパッチにして投げちゃったりしてとかありつつ、クローズした模様。

TOMOYO は experimental に放り込んであります。人柱募集中なんですが、動作確認とか誰かしませんか(人任せ)


2010-12-19 この日を編集

dbconfig-common 依存のパッケージで purge 時にファイルが残ってしまう

結構共通してみられるな。どうするのが適当なんだろう?

4m28.7s DEBUG: No broken symlinks as far as we can find.
4m29.7s ERROR: FAIL: Package purging left files on system:
  /etc/dbconfig-common   owned by: dbconfig-common
  /etc/dbconfig-common/cacti.conf        not owned
  /etc/php5      owned by: php5-cli, libapache2-mod-php5, php5-snmp, php5-common, php5-mysql
  /etc/php5/apache2      owned by: libapache2-mod-php5
  /etc/php5/apache2/.start       not owned
 
4m29.7s ERROR: FAIL: After purging files have been modified:
  /var/log/alternatives.log      not owned
  /var/log/apt/history.log       not owned
 
4m29.8s ERROR: FAIL: Installation and purging test.

dbconfig-common 依存のパッケージでインストールテスト時にdbに接続できなくてエラーになる

結構共通してみられるな。どうするのが適当なんだろう?

  Creating config file /etc/cacti/debian.php with new version
  ERROR 2002 (HY000): Can't connect to local MySQL server through socket '/var/run/mysqld/mysqld.sock' (2).
  unable to connect to mysql server.
  error encountered creating user:
  ERROR 2002 (HY000): Can't connect to local MySQL server through socket '/var/run/mysqld/mysqld.sock' (2)
  dbconfig-common: cacti configure: noninteractive fail.
  dbconfig-common: cacti configure: ignoring errors from here forwards
  populating database via sql...  done.
  dbconfig-common: flushing administrative password
  Creating config file /etc/cacti/apache.conf with new version

libapache2-mod-php5

purge の時にファイルが残ってるようなので、消した方が良いかと思って BTS
それとも意図的に残しているのかな…でも purge だから消すべきだよね。

RCバグ潰し

また自作自演、は置いといて、pinot を reassign しておいた。多分これでいけると思うんだけどなー。
ついでにちょっと変かな、と思ったのもBTS行き


2011-12-19 この日を編集

なぜかipod touchをまともに扱えなくなった件

設定していたsid環境だと問題なかったのに、新たに設定した環境だと

  • デバイスとしては見えているし、ideviceinfo コマンドでも問題ない
  • nautilusくんはちゃんとマウントしようとしているし、一応中身も見える
  • rhythmbox、banshee、gtkpodからみえてない。これは致命的

bansheeなんてipod touchマウントしようとしてsegfaultするんだぜ、これ…Ubuntu11.10の方では問題なかったんだよなー でも banshee やってるの同じ人っぽいから、違いはそうはないと思うのだが。どこかのライブラリが違うとかだろうか。それともarchが違って何かのバグ踏んでるんだろうか…

何か分かる方はぜひコメントをお寄せください。


2012-12-19 この日を編集

azureでのubuntu設定など

ログインしてすぐに「セキュリティアップデートが33個あるよ!」と教えてくれた。…え。

/etc/motdを動的に変えてるのだろうが、これはいいね。

で、アップグレードするわけですが、注意点など。

Configuration file `/etc/grub.d/00_header'
 ==> Modified (by you or by a script) since installation.
 ==> Package distributor has shipped an updated version.
   What would you like to do about it ?  Your options are:
    Y or I  : install the package maintainer's version
    N or O  : keep your currently-installed version
      D     : show the differences between the versions
      Z     : start a shell to examine the situation
 The default action is to keep your current version.
*** 00_header (Y/I/N/O/D/Z) [default=N] ? 

grubの設定ですが、これは「そのまま」、つまり N を答えるのが正解。azureに合わせるためにカスタマイズしてあるわけで、Y と答えるとそれが無効になるので。

しかし、こんどは grub-pc のインストール設定を聞かれるという…これ、初見の方には辛いんじゃ?

motd を動的に変更する?

Welcome to Ubuntu 12.04.1 LTS (GNU/Linux 3.2.0-31-virtual x86_64)
 
 * Documentation:  https://help.ubuntu.com/
 
  System information as of Wed Dec 19 16:37:44 UTC 2012
 
  System load:  0.0               Processes:           84
  Usage of /:   3.9% of 29.52GB   Users logged in:     0
  Memory usage: 42%               IP address for eth0: 10.146.180.71
  Swap usage:   0%
 
  Graph this data and manage this system at https://landscape.canonical.com/
 
Get cloud support with Ubuntu Advantage Cloud Guest
  http://www.ubuntu.com/business/services/cloud
*** System restart required ***

実際にこれを実現しているのは以下。

henrich@ubuntutest:~$ apt-file search etc/update-motd.d
base-files: /etc/update-motd.d/00-header
base-files: /etc/update-motd.d/10-help-text
base-files: /etc/update-motd.d/99-footer
fortunes-ubuntu-server: /etc/update-motd.d/60-ubuntu-server-tip
update-manager-core: /etc/update-motd.d/91-release-upgrade
update-notifier-common: /etc/update-motd.d/90-updates-available
update-notifier-common: /etc/update-motd.d/98-fsck-at-reboot
update-notifier-common: /etc/update-motd.d/98-reboot-required

ということは、以下の作業が必要になる。

  • base-files を改変
  • update-notifier-common や update-manager-core パッケージを追随

しかし、update-notifier-common/update-manager-core パッケージってどうなのかな…今後も使われるのだろうか。この点が疑問。

それから、これは恐らくイベントベースのupstartが生成しているのだろう (just wild guess)。となると、insservベースのDebianだと同じことは無理だな…cron.dailyベースで1日ごとに何かしらのデータを生成して表示する、とかになる。

→あった。/etc/init/mounted-run.conf

    # Background the initial motd seeding
    [ -d "/etc/update-motd.d" ] && run-parts --lsbsysinit /etc/update-motd.d > /run/motd &
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ emasaka [あと、libpam-modulesにpam_motd.soというのが入っていて、そこでも更新処理を呼び出しているよう..]

_ henrich [あれ、pamにsessionでmotdがあるのは見たんですが、そこでも処理してるんですかね?]

_ emasaka [libpam-modulesのdebian/patches-applied/update-motdというパッチで、s..]