«前の日(12-28) 最新 次の日(12-30)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. henrich (12-30)


2006-12-29 この日を編集

JD完了ー

無事峠を越しました。残りの修正はほんの少しですし、あとは上げてもらうのとタイミングだけですね。

坂本真綾@銀河劇場

ファンクラブイベントのチケットが購入できたので、仕事もそこそこに切り上げて天王洲アイルの銀河劇場まで。


2007-12-29 この日を編集

unzip の SJIS 対応

通常、Windows で日本語フォルダを zip 圧縮してもってくると、linux 側で化ける。んーどうするのが一番良いのだろうか。

  1. ubuntu-ja の unzip(あれ、昔は unzip-sjis って名前だったような)を使う。
  2. こちらの unzip 文字化け解消パッチを取り入れる。

1. は sjis 限定なので取扱いは簡単。でも upstream/official repository には持っていけないよなぁ。一旦インストールするとユーザは何も考えずに使えるのだが、インストールさせるのに別リポジトリの指定などが必要になったりするのがネックだ。
2. の方は「自作のスクリプト類は、特に明記の無い限り PDS 扱いとしパッチ類は本体のライセンスに帰属します。」ということなので、unzip のライセンスと同一ですね。こっちの方が環境限定が無い分、筋が良いんだけど「Shift JIS 専用では無くなったのでオプション指定が必要」な部分がユーザの理解を必要としてしまうのでどうしたもんかな、というところ。

そもそも upstream が全然活発じゃないんだよな。


2008-12-29 この日を編集

あまりにもバカらしい。

ライセンスをどのようなものにするのか。それは自分が何をして何から何を得ようとしているのかを考えた上で行う行為だろう。「OSS だから献身しなきゃいけない」訳ではない。「GPL だからビジネスにならない」という訳ではない。

GPL を選んでビジネス的に失敗したプロジェクトがある。だから GPL だとダメなんだ、的な近視眼的なエントリを見かけてため息をつく。Red Hat はモロに GPL な Linux カーネルというものをコアに据えて、OSS なライセンスのものをまとめてディストリビューションという商売をやっている。彼らの収益の源泉はソフトウェアライセンスにあるわけではない。

clamav の例 (snort, sourcefire の例としてもいい)、JBoss の例、MySQL の例、Cygnus Solutions の例、SUSE の例、他にも出せるだろう。彼らはビジネスに一時的にせよ成功している。しかも著名な FLOSS プロダクトで。

1個2個の例だけでイコールを結ばないでくれ。反証が上の様にサクッと出せる。OSS なら霞を食えというのかなどと被害妄想はそっと心の片隅にでも置いておいて欲しい。

縦から見る、横から見る、斜めから見る

複数の言語を扱えるようになろうね、というのは表題のような事に尽きるのではないだろうか。一つの問題を解決するのに解き方をどう考えるのか。その「考え方」が色濃く出るのが言語なのだろう、と(別にプログラムが書けない)私は理解している。

なので、ゲーム業界と IT 業界だからというより「普通、仕事として割り切ってやってるだけ〜というのでなくて、普段から興味を持ってプログラムに接しましょうね。」というだけ話のような。

ちなみにお仕事で必要なその領域(ドメイン)の知識なり何なりはまた別の話。ビジネスではどうかを考えましょう、っていうのも、そりゃぁできればなおいいわな。でもあらゆる事が出来るスーパーマンなんてそうそういるもんじゃぁないし、その部分を他の人に担わせて自分以外にはなかなか出来ない部分(ここではプログラムだろう)で結果出すというのも選択ではないかな。


2010-12-29 この日を編集

RC バグ潰しは続くよ

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ henrich [アップデートテスト。]


2013-12-29 この日を編集

unidic-mecabパッケージをDebianへ放り込みました

こちらから参照できますが、unidic-mecabパッケージをDebianへ放り込みました。experimentalにいれたので、インストールするには apt line に experimental を追加する必要があります
…が、なんで私experimentalにしたんですかね?3月に作って放置していたので、すっかり記憶が薄れていて…。

PDFファイルの問題がなくなったら~dfsgは取れるのですが、難しいかな?

mecabパッケージのFTBFSの巻き添えでsylph-searcherもtestingから消された

で、見たら既にパッチが送られていたというか自分が送っていたものだったので適用してアップロードした。

 mecab (0.996-1.1) unstable; urgency=medium
 .
   [ Hideki Yamane ]
   * Non-maintainer upload.
   * debian/rules
     - use dh-autoreconf to fix FTBFS (Closes: #725580)
     - remove "include /usr/share/cdbs/1/rules/patchsys-quilt.mk", use source
       format 3.0 instead
   * debian/control
     - add "Build-Depends: dh-autoreconf" as above
     - remove "Build-Depends: quilt", use source format 3.0 instead
   * add debian/source/format
   * debian/patches
     - add remove-urchin.patch to fix "privacy-breach-google-adsense" lintian
       error. It's Debian package specific because upstream uses it for its
       website.

やれやれ。