«前の日(12-30) 最新 次の日(01-01)» 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2004-12-31 この日を編集

backports のエラー問題

原因判明。元データの文字列が問題だった。
あちら側での修正が必要なので、その点を指摘したメールを送っておく(&xsl ファイルのミスもdiffを送っとく)。


2006-12-31 この日を編集

実家行き

実家に帰るとDSが置いてあった。どうやら親父が購入していた模様。
恒例PCメンテナンス作業。アンチウィルスの期限が切れたので体験版だけ先に入れておいて複数ユーザ版パッケージを購入しておく。
その他、各種アップデートなど実施。どこいっても同じことしてるな…

安い赤ワイン(というかジュースのようなもの)と鴨を買って行ったが、着いてから親父が鴨があんまり好きではないことが判明。持ち帰り鴨。

キムチ鍋と年越しそばを腹いっぱい食ってから就寝。

2006年

いい機会なので振り返ってみる。

まぁ毎度のことながらいろいろあったようななかったような。

  • 仕事場は春先の引越しを終えて今のところに。まだ1年たってないのか。
    私が入ったときより倍ぐらいの人数に(小規模だけど)。
  • 年初に上の人達に約束した事柄は2/3達成かな。残りの1は1月開始できれば…。
  • パッケージを debian.org に持っていくことができた(eclipse-nls-sdk が6月に。その後 ttf-vlgothic も入った)。jd もいけそう。
    これで「何もしてないのに口だけえらそうorナイナイくれくれ君」からは脱したかな
  • debconf訳はぼちぼち。一進一退ですね。
  • webページは滞らせたまま。武藤さんが作業されているのを見ているだけになっている。んーいかん。
  • OSC、K-OF、勉強会とイベントでネタ発表。もう少し喋りがうまくなりたいと思う今日この頃。
  • 最後の1ヶ月ぐらいで体力不足を痛感してきたので腕立て伏せを始めた。ないよりはまし、程度だけど。
  • その他いろいろ ;-)

アウトプットとしては出てきている部分もありつつ、基礎体力のなさが問題になってきている模様。うーむ修行しろ、ということだなー。


2008-12-31 この日を編集

gparted ja.po

少し前に更新して gnome.gr.jp で査読してもらっていたので、適当に Bugzilla に投稿したらコミットしてくれたらしい。でも l10n コンポーネントに、とかコーディネイターに投げてという示唆ももらった。

たまには upstream な作業もしてるんだよーということでメモ。


2009-12-31 この日を編集

フォントパッケージの移行&lintian warning 潰し

はー、終わり終わり。あとは年明けてから repository の整備。

移行作業は話題になっていないという話ですが、地味ですからね。CMap も重要なのですが、地味なので話題には…とりあえず main には入りました。

Debian の gdm がなんでアップデートされないんだろう、の答え

問題が多くて TODO になってるから。

dh 使うと dpatch より quilt の方が親和性が高い

dh --with quilt $@

てなかんじで呼び出せるんだな。--with addon で 3rd parth addon の呼び出し。殆ど quilt だけのような気もする。quilt の方に本体である dh_quilt_patch などがある模様。add して refresh して head -e してとかやってると混乱するけど…<quilt


2011-12-31 この日を編集


2013-12-31 この日を編集

debian/watchも微妙に進化してた:公開鍵署名もチェック

Cryptographic signature verificationなんてものが追加されていました。しかもLintianでチェックもされるという。

やり方は、uscan(1)に書いてあるし、リンク先にも例がありますが、こんな感じで。

  • debian/watchで、optsで「pgpsigurlmangle=s/$/.asc/」のように対象の署名を指定する。
  • まだ署名者の公開鍵を取り込んでいなかったらここで取り込む
  • 「gpg --export '59C2 118E D206 D927 E667 EBE3 D3E5 F56B 6D92 0D30' >> debian/upstream-signing-key.pgp」のように署名者のデータをdebian/upstream-signing-key.pgpに書き込む
  • debian/source/include-binariesにdebian/upstream-signing-key.pgpを追加する

opensshぱっけーじ

Setting up openssh-server (1:6.4p1-2) ...
update-rc.d: warning: start and stop actions are no longer supported; falling back to defaults
[ ok ] Restarting OpenBSD Secure Shell server: sshd.

はて。maintainer scriptみてみたほうがいいかな。

tdiary-contribパッケージをアップデートしておいた in experimental

本体側のパッケージが手つかずになっているので、すぐ作業できるようにまずはexperimentalにあげておいた。

JavaScriptライブラリでmootoolsというのが使われているのでlibjs-mootoolsパッケージ側を使うようにしたほうが良いのだけど(lintianが教えてくれた)、バージョン固定で入っていて(mootools-1.2-more.jsというようになっている)、パッケージ側の方が新しい。とりあえず様子見、ということでここにメモだけ。

nailgunのアップデートに四苦八苦

antじゃなくてmavenに変わっている所が苦難の始まりで。

  • パッケージで入っているプラグインのレポジトリを見にいかない→mvn -Dmaven.repo.local=/usr/share/maven-repo と指定する必要があった
  • maven-compiler-pluginのパッケージが古くてこける

さらに、こんな記述があった。

Also note that at present the default source setting is 1.5 and the default target setting is 1.5, independently of the JDK you run Maven with. If you want to change these defaults, you should set source and target as described in Setting the -source and -target of the Java Compiler.

では、antの時はdebian/rulesで以下のようにして

export ANT="ant -propertyfile $(CURDIR)/debian/ant.properties"

ant.propertiesファイルにこんな感じで書いてたのをまた変えないとダメか…

# Ensure that source and target are 1.6
# For backwards compat on Java 7
# see https://lists.debian.org/debian-java/2012/12/msg00026.html
#
ant.build.javac.source=1.6
ant.build.javac.target=1.6

しかも、ものによってはpom.xmlに直にこんな感じで書いてるのもあるけど、どっち優先になるのかね…

あぁ、なるほど、大体のJava関連パッケージはcdbsで

include /usr/share/cdbs/1/rules/debhelper.mk
include /usr/share/cdbs/1/class/maven.mk

のようにしているのね。で、debian/maven.propertiesで

# Include here properties to pass to Maven during the build.
# For example:
# maven.test.skip=true
 
maven.test.failure.ignore=true
maven.compiler.source=1.6
maven.compiler.target=1.6

と。