«前の日記(2004-05-04) 最新 次の日記(2004-05-06)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. えとー (05-30)
  2. kmuto (05-19)
  3. ゆきち (05-17)


2004-05-05 まぶたの郷里 [長年日記]

d-i それから

先日衝動買いしてしまったdellの安サーバにて こちらのイメージ を試してみる。(そんなもん買ってるから(略)

  • linux26 vga=791 で起動。
    vgaオプションつけると表示が広めになるのでおすすめ。
  • 「'modprobe -v usb-strage' の実行中にエラーが発生しました」
    「'modprobe -v ide-generic' の実行中にエラーが発生しました」
    「'modprobe -v ide-disk' の実行中にエラーが発生しました」
    「'modprobe -v ide-cd' の実行中にエラーが発生しました」
    と画面が真っ赤になってエラーが。無視してさくさく。
  • NICドライバが検出されなかった…。
    手動でe1000モジュールを選択したが、成功したか失敗したのか表示されず。
    他のマシンからping打って反応あるから大丈夫っぽいな
    で、いきなりDHCP設定に飛ばされる。あれ、固定IPを選択したい場合はどうするのだろうか?
    そもそもネットワークケーブルを挿していないのでDHCPは当然失敗。再試行するかに「いいえ」で答えて、ようやくIPアドレスを固定で設定となった。
  • 「'modprobe -v usb-strage' の実行中にエラーが発生しました」
    「'modprobe -v ide-generic' の実行中にエラーが発生しました」
    「'modprobe -v ide-disk' の実行中にエラーが発生しました」
    「'modprobe -v ide-cd' の実行中にエラーが発生しました」
    と画面が真っ赤になってエラーが again。
  • あとはつつがなく終了。Xはいれてないので自動認識あたりがどうかは不明。
  • あ、/etc/environment に LANG が書かれてるせいでrootでも日本語表示しようとしてconsoleで文字化け起こしてたのか。grepして気づいた。
  • うへ、modconfが入ってない!デフォルトで入らなくなってるのか…不便だなぁ…modprobeしなさい、ってことなんだろうか。
  • 昔のようにpcmciaのパッケージを削除されるかどうかを聞かれなくなった。で、当然のようにpcmciaパッケージは入ったまま。
    この点は前のほうがよかったと思う。
    (ついでにpppもいらなかったりするけど、まぁこれは必要になった際に大変そうなこともあるので手動削除でいいだろう)
  • うひ、eximのuserが「Debian-exim」だって。これっていいんかなーなんか意味無く気持ち悪い(苦笑)
    そうだ、daemonで使うユーザには「hogefuga daemon user」とかユーザ名のところに入らないかなー

今日の俺的 po-debconf/ja

setserial の po が送ったときの setserial.ja.po のままのようだったので、bugをreopenしておく。
このメンテナ、imp3も持ってるので、先日CVSに取り込んだ旨貰ってたのを思い出し、あっちも必要かな?と一言添えておく。が、例によって怪しい英語なので伝わるかは不明

debian-installerの感想としては

良く出来てると思います。
パーティションをいちいち分けるとか考えなければハマるところは少なめでしょう。
以前のインストーラで駄目だった人も、 ある程度までは 使えるようになるかなーと思っています。

鬼門は「X の設定」。これに尽きます。
他のdistroが出来てるところなので、比較されてしまうのがつらいかなーと。(一度リリースしてしまってから、この部分だけをひたすら改善しまくるチーム作って、次のバージョンとしてすぐにリリースでも良いかなーとか思ってたり。SP1とかいって(わら)

GUIの設定ツールの要不要

まず、必要かといえば必要だと思います。
問題は「CUIの単なる置き換えでは意味が無い」ということです。
GUIを使おうという層、つまりは「現状=CUIツールでは満足しない」人へのアプローチとしては弱いという話。単なる置き換えなら、CUIと同じわけでGUIを使う意味はなんじゃらほい、と。
GUIというのは無駄に膨大な情報量を活かして利用者に視覚的な訴えを行うのが肝だと思ってるので、widgetの制限から貧弱な情報しか与えられないCUIと同じ情報表示のアプローチでは使う気にはなかなかならないだろうなーと思う次第。
(逆に膨大すぎて整理しきれない悪い例のGUIも多々ありますけどね)