«前の日記(2006-10-15) 最新 次の日記(2006-10-19)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. Tanu-Ki (10-19)
  2. kmuto (10-13)
  3. とおりすがり (10-04)


2006-10-16 [長年日記]

定義するところの違い

hwdataはRH系のkudzu用汎用データベース、usbutilsはLinux-USB系のUSB専用データベース、discover-dataは Debian系の汎用データベースですよね。 この中だと、upstreamに気兼ねなく変更できる/単に表示だけではなく認識にも具体的にかかわるという点から言ってdiscover-dataがDebian的には一番統一しやすいんじゃないかと思います。 現在進行中(Etchから)のdiscover2 バージョンでは、XMLデータベースになっていて、単なるテーブルよりも拡張や別形式への変換なども比較的やりやすいかと。 まぁただupstreamがそれぞれ違うものを勝手に直すのは仁義上どうかという問題はあります。

ふむなるほどです。
ただ、

henrich@hatchpotch:/tmp$ apt-file search pci.ids
hwdata: usr/share/hwdata/pci.ids
lshw-common: usr/share/lshw/pci.ids
pciutils: usr/share/misc/pci.ids
henrich@hatchpotch:/tmp$ apt-file search usb.ids
bitpim: usr/share/bitpim/resources/bitpim_usb.ids
bitpim: usr/share/bitpim/resources/usb.ids
hwdata: usr/share/hwdata/usb.ids
lshw-common: usr/share/lshw/usb.ids
usbutils: usr/share/misc/usb.ids
usbutils: var/lib/usbutils/usb.ids

とみんな同じファイルを保持しているんですよね (discover は違うか)。
usb.ids は http://www.linux-usb.org/usb.ids から取得したもの。
pci.ids は http://pciids.sourceforge.net/pci.ids から取得したもの。
結局大本の本流は同じではあります

Thinkpad 不調

一応借りる算段がついてはいるものの、痛いことには変わりなし。
Access IBM ボタン使って診断プログラム走らせろ、ということで。

AccessIBM

やっぱりハード不良。