«前の日記(2007-10-31) 最新 次の日記(2007-11-04)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. noritada (11-20)
  2. kmuto (11-15)
  3. kmuto (11-05)


2007-11-03 [長年日記]

風邪ひき

昨日は遅出早退で何とか。

delta RPM、Presto

差分更新の仕組みらしいのだが、あまり情報が見当たらないなぁ。

Fedoraのところぐらい?

GeoIP と DNS

ふむ、bind9 に対してのパッチ

view "north_america" {
      match-clients { country_US; country_CA; country_MX; };
      recursion no;
      zone "example555.com" {
            type master;
            file "pri/example555-north-america.db";
      };
};
view "south_america" {
      match-clients { country_AR; country_CL; country_BR; country_PY; country_PE; country_EC; country_CO; country_VE; country_BO, country_UY; };
      recursion no;
      zone "example555.com" {
            type master;
            file "pri/example555-south-america.db";
      };
};
view "other" {
      match-clients { any; };
      recursion no;
      zone "example555.com" {
            type master;
            file "pri/example555-other.db";
      };
};

view で分けるのね。

こういうのを利用すれば、パッチを当てた DNS を運用しなければいけないからサーバ側の面倒は増えるけど、何も考えずにクライアントが地理的に適切な repository にアクセスできるようにはなるな。例えば repository.debain.org へアクセスするようにしておいて、日本から DNS を引いた場合には repository.jp.debian.org を返し、アメリカから DNS を引いた場合は repository.us.debian.org を返すようにという動きができる。実際、これは clamav で運用されている動き。

geoip-bin パッケージ

メンテナンスされてないなぁ。こちらのスクリプトを参考にして更新スクリプトを追加したパッケージを作った。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]
_ たかや (2007-11-03 23:39)

風邪大丈夫ですか?お大事に…