«前の日記(2008-12-05) 最新 次の日記(2008-12-07)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. minahito (12-31)
  2. minahito (12-31)
  3. aya (12-18)


2008-12-06 [長年日記]

DM で lenny の tomoyo パッケージアップデートして、ときた

でも frozen status なのよねー

ぷらっとホームクラウドコンピューティング向け高密度サーバ「CloudStation A」発表

サポートOS で Debian 4.0r3か。r5 にしませんか?>ぷらっとホームの方

Iceweasel 話。

「穿った見方をすると、Debianが"Firefox"という商標の利用を拒否するライセンスから逃れるために付けたとも見えてくるなぁ。」というエントリを見かけたので、何度目かの Iceweasel 話。

  • Iceweasel という名前をつけたのは、商標の利用をするか否かが第一の争点ではない。なぜならば Linux も商標である。DFSG は商標の利用云々については触れていない。
  • Mozilla Corp/Foundation の主張では、Firefox と呼ぶためには「特定のロゴデザイン、アイコンなどのデータが必要」
  • なのも関わらず、そのロゴデザイン/アイコンは、ライセンスが FLOSS ライセンスではない(というか何ライセンスなの??詳しい方教えてー)
  • よって、アイコンやロゴにアレンジを加えたりはできないものとなっているので、DFSG に該当せず、最悪 non-free 行き。
  • non-free に入れれば良いじゃんという場合はサポート外になるので、利用者はふるーいバージョンを使いつづけることになる。これイクナイ。
  • 独自でやるためには、Firefox の名称は使えない。ロゴも使えない。では、独自の名前とロゴとアイコン使おうね(今ここ)

結局のところ「ライセンスが問題」なのです。はい。そこ抑えとかないと変な方向に行っちゃう。

それとは別個に商標問題があります(ライセンスが不明瞭なものを外して Firefox として配布すると、商標権を持っている Moz Corp が訴えてくるのでしょう。Ubuntu (というかシャトルワース)が EULA 問題にしたときにはすごーく柔軟に対応したけどねぇ(皮肉)

さらにいうと、Moz Corp は「Firefox として配布するなら自分らがパッチの精査をしてクリアしないと認めない」など申し立ててきた…んだけど、Debian のパッチは十分ではないといいつつ、その Debian パッチを元にした Ubuntu の Firefox パッケージは問題ないと言ってのけるという矛盾(←ここ笑うところ)

あ、ぬいぐるみは僕も大変欲しいです。どこで作れるんだろう?

sylpheed パッケージ入れたら claws-mail も入っちゃう

バグ報告してみたが、既にもうあった模様。マージしてcloseしておいた。一人ボケツッコミ状態。

sylpheed パッケージいれたけど、bogofilter も bsfilter も後から入れないといかんのは面倒

なのでバグ報告した

古いバグをクローズ

BTS エントリにあっても処置しようがないのをクローズしておく。

前向きと冷静な評価の間で

「熊とワルツを」というデマルコの本があります。で、それについてのコメントを見かけたのでちょっと書いてみたり。

始める前から弱音を吐いても仕方ないからです。やってダメならそれは仕方ありません。このような、やればできる文化がリスク管理をできなくする、と本書は説きます。
一見もっともらしいのですが、総論としては同意できません。幸運の遺伝子を信じている方が幸せです。

そうかなぁ。「やらないからできないんだ!」と言われて長征に連れていかれる兵士の心情や如何に。

やればできる文化がリスク管理をできなくするのはその通りで、リスクというのは顕在化しなければ無視されてしまうものな訳ですな。無視されるようなものというのを取り扱おうとすると、イケイケな所だと「スピードが落ちる」「コストがかかる」という「成功体験者」の意見で潰されます。で、実際顕在化した時には、あらひどいこと。

心持ちと冷徹な目というアンビバレントなものを持ち合わせて、なおかつ壊れないと良いんですが、それは難しそうですね。

トラックバックしようとしたエラーだな…まぁ、しかたがない。

screenshots.debian.net

タグ(<)が抜けてる。通報しますた。
あと JD のスクリーンショットもあげてみた。

追記:返事来た、どこかわからーんと言われたのでトップページだぜぜ、と。あと i18n するといいよねー、Install and Remove Applications と統合するといいよねーとかを言ってみたり。

追記の追記:screenshot"S"らしい。しかも すでに Synaptics と統合してるとか。ホントだー(でもサムネイル小さすぎだし、クリックしなきゃいかんのはちょっと面倒)