最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. Henrich (04-05)
  2. Jonny (04-05)
  3. yamamoto (03-22)


2010-03-02 [長年日記] この日を編集

RPM の作成について

実際に手を動かさずにmomongaとvineのガイドだけ読んだ感想。当たり前だけど、deb と rpm は似通っている。ファイルが機能ごとに分割されている vs ひとつのファイルでマクロバリバリ の違い という印象。パッケージ作成に慣れていればもう片方でもお約束に慣れれば作れるような気がする(気がしているだけ)

  • momonga の方は古くに書かれているから spec ファイルがマルチバイト禁止、UTF-8 禁止となってる。もう今はそんなこともなくて単にこのページの記述だけだと思われるが。
  • License: GPL2 のように License タグがあることが moblin の(表向き?)UbuntuからFedoraベースへスイッチした理由のひとつに上げられていたが、実際のソフトウェアでまるっと1つのライセンスじゃない場合というのはままあるんだけど、それはどうするのかな。単に GPL2, MIT のように書くのだろうか
  • Version: と Release: が分かれているのね。debian だと <upstream verison>-<debian revision> という書き方。
  • momonga のは pre とか使っちゃだめよ、となっている。debian だと ~ とか + で対応する場面。3.0pre-1 じゃなくて 3.0~pre1-1だと 3.0-1 > 3.0~pre1-1 となる。
  • Vine の例だと Summary: が二度繰り返されてるがなぜだろう?
  • %description -l ja で日本語の記述ができるのは良いなぁ。できれば debian パッケージでもそういう風にしたい。いまだとdescriptionsの訳にパッケージメンテナがかかわるプロセスがないんだよね。
  • Patch: hoge.patch は複数の場合列挙? 当てる順番とかはここでやるのかな。…ふむ、patch コマンドの列挙で対応するやり方は書いてある。
  • 「パッケージ作成後に確認すること」はちょっと記述が古いかな? pbuilder ライクなのがあるように聞いている。lintian や piuparts 相当のものはないかな?
  • これは面白い、収録されていないファイルがあると警告とな。ほしいな。
     %filesで書かれていないファイルがある場合には、build 時に
    パッケージに未収録のファイルを検査中: /usr/lib/rpm/check-files /var/tmp/hoge-1.1-root
    警告: パッケージに未収録のインストール済みファイルが見つかりました:
    と未収録のファイルの名前などが表示されます。 この部分を利用して %files の部分を作成するのもよいでしょう。 
  • macro は魔窟への入り口っぽい。。。メンテナンス不能パッケージ作成へようこそ!という第一印象
  • 基本的にソースはBUILDROOT以下に展開するのか。debianだと展開された状態で、debian/tmp や debian/以下で作業することになる。
  • 複数ソースは %setup -a 1 -a 2 -n hoge か。debian だとごく最近 package format 3.0 で複数の tarball をそのまま扱えるようにしたばっかりだったり。おそー
  • pre/post スクリプトは考えは同じだな。
  • 「update-desktop-database コマンドがインストールされていなければ実行しない、という形にすることで、twm や icewm や WindowMaker など、GNOME等のメニューとは直接関係ないウィンドウマネージャを使用しているときに、deskto-file-utils に依存せずにすむようになります。 」→後からGNOME入れた場合はどうなるんだろう。
  • 「patchを使いすぎない」…distro間で差分を取れる方が嬉しいけどなぁ。まぁ一括でdiffとってもいいんだけど、それはそれで機能と差分の特定が面倒。patch は独自のもの以外は開発元(upstream)で吸収してもらうように働きかけましょう、の方がbetterだと思うな。
  • fakerootは使わないんだろうか。

ebuildについて。

あれ、sandbagじゃなくて sandbox ではないのかな>wikipediaのページ

概略のプレゼンPDFから読もうかな。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ h12o [> →後からGNOME入れた場合はどうなるんだろう。 triggerかな? http://www.ibm.com/d..]

_ kudoh [はじめまして。Vineでパッケージャ&メンテナをやっていますkudohといいます。フォント・LXDE・その他GTKア..]


2010-03-03 [長年日記] この日を編集

openjdk のフォントの話

$ apt-file search fontconfig.properties
ia32-sun-java6-bin: /etc/ia32-java-6-sun/fontconfig.properties
ia32-sun-java6-bin: /usr/lib/jvm/ia32-java-6-sun-1.6.0.16/jre/lib/fontconfig.properties
ia32-sun-java6-bin: /usr/lib/jvm/ia32-java-6-sun-1.6.0.16/jre/lib/fontconfig.properties.src
openjdk-6-jre-headless: /etc/java-6-openjdk/fontconfig.properties
openjdk-6-jre-headless: /usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/lib/fontconfig.properties
sun-java6-bin: /etc/java-6-sun/fontconfig.properties
sun-java6-bin: /usr/lib/jvm/java-6-sun-1.6.0.16/jre/lib/fontconfig.properties
sun-java6-bin: /usr/lib/jvm/java-6-sun-1.6.0.16/jre/lib/fontconfig.properties.src

/etc/java-6-openjdk/fontconfig.properties がある。/usr/lib/jvm/java-6-openjdk/jre/lib/fontconfig.properties はこれへの symlink になっている。

お、vlgothicが定義されていてそれが使われるようになっている。patches/icedtea-fonts.patchというのがあって、それが適用されている模様。ということは前に調べたのはもう解消しているんだな。良かった良かった。

sequence.allfonts.x-euc-jp-linux=latin-1,japanese-vlgothic,japanese-kochi,japanese-sazanami
sequence.fallback=uminghk,shanheisun,wqy-zenhei,japanese-vlgothic,japanese-kochi,japanese-sazanami,korean-un,korean-baekmuk,bengali,gujarati,hindi,oriya,punjabi,tamil,telugu

順番に定義したセットでfallbackしていくようになっているようだ。根本的な問題としては、ここで定義されたフォントがあったらそれを使うという、ということは例えばwqy-zenhei(中国語のフォント)が入っていたらそれを日本語のフォントより優先的に使うということ。うーん。でもこれを思い通りにするのはかなり大変そうなので、それはそれで放置しておく。

…まぁそれでも、順番若干おかしくない?VLゴシックはいいとして、東風の方がさざなみより優先されてるな。

serif,sans-serif,monospaced,dialog…とセットで定義しているので、VL ゴシックに合わせるserifに東風明朝が…ってなんでやねん。さざなみじゃないのか。

serif.plain.japanese-vlgothic=Kochi Mincho
serif.bold.japanese-vlgothic=Kochi Mincho
serif.italic.japanese-vlgothic=Kochi Mincho
serif.bolditalic.japanese-vlgothic=Kochi Mincho

東風・さざなみのどちらにするかは、東風とさざなみのデフォルトインストール具合によって変わってくるかな。

tasksel の tasks/japanese-desktop ファイルを参照すると

 ttf-sazanami-gothic
 ttf-sazanami-mincho
 ttf-vlgothic
 otf-ipafont

少なくとも Debian ではさざなみだと思う。

はて、東風が優先される背景はどこらへんにあるのかな。一応、Fedoraでの設定が優先されているのだろうとは思うのだが。

RPM 話にツッコミあり :)

雑文でも書いてみるもんですね。なるほど、triggerという仕組みがあるんですな。debパッケージには無いような、はて。何か副作用があったりするかな?パッと思いつかないけど…

現役パッケージャからも反応が。「フォント・LXDE・その他GTKアプリケーション等」って自分には無理ですね…License、Summaryのあたりはなるほど了解というところですが、ライセンスは DEP5 の方は細かすぎなのかも。まぁ整備するのが大変か。パッケージで持っているのはおおらかというか大まかというか、という印象。

ディストリ毎に独自のmacroが幾つかあり、パッケージの移植の際に悩まされることがあります

ここは大変興味があります。どんな苦労が待っているのか?(笑

知らないことを書いて教えてもらうメソッド

また教えてもらえた嬉しいですねぇ :)
ということで trigger あるよ、と。でも使ってるの見た記憶がない…もちっと調べよ、ということですね。

このところの事務作業

  • sf.jp でダウンロードしてもらえるようにお願い
  • java まわりのフォント描画がほぼ直っているのを確認
  • 自分のパッケージの lintian の Into タグを処理
  • IPA/IPAexフォントをアップロード依頼
  • tdiary パッケージアップデート依頼
  • sylph-search アップロード依頼(2週間ぐらい待とう)

Planet へようこそ Mike!

iceweasel 話が色々聞けるのを楽しみにしています :-)

本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

_ n [>triggerという仕組み debにもありますよ http://www.dpkg.org/dpkg/Trigger..]

_ glandium [> でも使ってるの見た記憶がない xulrunnerのパッケージがtriggerを使ってますよ ;-) xulrun..]

_ kudoh [取り上げていただきありがとうございます。 元々Vineのパッケージ量はそれほど多くないですから、 自分が使いたい&オ..]


2010-03-04 [長年日記] この日を編集

devscripts パッケージからコマンドをランダムに選んで調べる

という課題が課された。のでちょっと使ってみた結果を書いてみる。

rc-alert

$ rc-alert -d U 

で、現在そのマシンにインストールされているパッケージでの RC バグ一覧(Unstable にあるもの)を持ってくる。

$ rc-alert --exclude-dists OSTE 

としたら、現在そのマシンにインストールされているパッケージでの Unstable 「のみ」の RC バグを持ってくる。O = oldstable, S = stable, T = testing, E = experimental 。さすがに unstable のみに絞ると少ない。

pts-subscribe

$ pts-subscribe <package>

Package Tracking System にはメールで変更を購読する機能がある。が、それなら普通にウェブから登録すれば良いじゃん、と思った私が浅はかでした…このコマンド、at を呼んでいて「30日後に購読解除」が行われます(日付は変更可能)。なので、登録しまくっても30日後にはスッキリ。

desktop2menu

.desktop ファイルから Debian メニューへの雛形を作ってくれる模様。

chdist

お手軽に特定ディレクトリにパッケージデータベースを持ってこれる。apt-get source も気軽に出来る。今回一番有用かも。

$ chdist create D
(sources.list いじる)
$ chdist apt-get D update
$ chdist create U
(sources.list いじる)
$ chdist compare-version D U > /tmp/compare.log
$ lv /tmp/compare.log |grep newer_in_D|wc -l
7311
$ lv /tmp/compare.log |grep newer_in_U|wc -l
4223

ふむ、4000か。0にしたいね。

GPG のワーニングが出てしまうのがいやだなぁ… /etc/apt/trusted.gpg を決めうちで見に行っている様子。これが root じゃないと読み取れないのでエラーになる、と。
man apt.conf して、ACQUIRE::gpgv "--homedir /home/henrich/.chdist/D/etc/apt/"; とかやってたが違った。結局、apt のソースを gpgv で grep して methods/gpgv.cc から GPGV::TrustedKeyring というキーワードがわかったのでこれを apt.conf に書き込む。。。あたり!ワーニングが出なくなりました。あとでBTSしとく。

追記:BTS した

mk-build-deps

ビルド時依存関係のダミーパッケージを作る。のだが、どう使うのだろう? ためしに入れて本当に必要かどうか確認するとかだろうか。

deb-reversion

deb を解いて package revision を上げる。local パッケージが Official のパッケージのアップデートにより上書きされる場合に便利、なのかな。

tagpending

debian/changelog をパースして、次のアップロード時に閉じられるバグに pending のタグをつけてくれる。パッケージメンテナ専用だな。

list-unreleased

UNRELEASED な changelog を見つけてリストアップするツール、ってこれもメンテナ専用、しかも大量のパッケージを担当している人向けっぽい。

dd-list

パッケージメンテナのリストを出す。transition 告知用のツールだな。

cvs-debrelease

cvs-buildpackage で作ったパッケージをアップロードするツール。なぜ必要なのかが良くわからない…svn-debrelease とか git-debrelease はないのに。


2010-03-05 [長年日記] この日を編集

三日坊主脱出

4日連続BTSしたので。

netbeans リビルド

ぐぐって fedora あたりの rpm 作ったよ情報からサイトにたどり着き、READMEにgithubに移行したよ、と url が書いてある。こちらの情報を設定、と。pom.xml にライセンス情報やその他が書いてあるのでそれを参照。

jcodings が最初、java 周りを pbuilder で処理すると ca-certificates で pem ファイルの処理にやたら時間がかかってる…。これが通ったら、bytelist がその次

  <classpath>
     <pathelement location="/usr/share/java/jcodings.jar" />
  </classpath>

のようにしてパスを通すのね>java

そして jvyamlb へ。サイトがgithub だった…joda-time-1.5.1.jar とか言うのを見ているが、これは libjoda-time-java にあるようだ... lib 以下の jar ファイルがいらないので削除して、-dfsg をつけて作り直してビルド。

そして、netbeans を再度、ビルド…通った。動くかどうかは不明だけど、通ったことで満足。

やっつけなので debian/copyright と debian/control の description が適当。あ、Build-Depends じゃなく Build-Depends-Indep ?後で直す。

jar があるな

$ find . -name *.jar -print
./apisupport.paintapp/PaintApp-suite/branding/modules/org-netbeans-core-windows.jar
./apisupport.paintapp/PaintApp-suite/branding/modules/org-netbeans-core.jar
./apisupport.paintapp/PaintApp-suite/branding/core/core.jar
./apisupport.feedreader/feedreader-suite/branding/modules/org-netbeans-core-windows.jar
./apisupport.feedreader/feedreader-suite/branding/modules/org-netbeans-core.jar
./apisupport.feedreader/feedreader-suite/branding/core/core.jar

嫌だなぁ。。。


2010-03-06 [長年日記] この日を編集

tasksel

tasks/japanese-desktop も otf-ipafont を分割更新したら変えた方がいいのかな…metapackage で引っ張られるので大丈夫だとは思うけど。

procps

Setting up procps (1:3.2.8-8) ...
Installing new version of config file /etc/sysctl.conf ...
Setting kernel variables ...error: "net.ipv6.bindv6only" is an unknown key
failed.

はて?


2010-03-07 [長年日記] この日を編集

BTS of This Week

細かいことからコツコツと。先日言ったのと違って連続じゃないのは、GMT+9の罠です。


2010-03-09 [長年日記] この日を編集

やったこと

  • netbeans パッケージの修正、まだまだまだまだ遠いけど… cdbs スタイルより dh7 にしたい… quilt で管理したい…
  • tdiary の BTS クローズに向けての確認作業。作者のただただしさんにご協力頂けたおかげでsteffenにより無事完了。それにしても IE の環境を作るのが一番大変ってのが…(でも勝手に家の人のPC変えちゃうのもねぇ
  • ipafontパッケージの話。んーotf/ttfはそのまま分けてやった方がいいのかね

2010-03-10 [長年日記] この日を編集

起きたこと

  • mecab-naist-jdic が公式リポジトリ入りしました。すごいお待たせしまして…早速 watch ファイルに typo しているのが発覚して修正。

2010-03-11 [長年日記] この日を編集

libcobertura-java upgdate breaks netbeans build

libcobertura-java のアップデートでビルドができなくなった。戻して解決…という終わり方でもいけないのでどう対応しよう。


2010-03-12 [長年日記] この日を編集

IPAex フォントが入った

otf-ipaexfont が Debian 入りしました。

dpatch の dh7 対応

まだだったので quilt から取ってきて改変して投げてみた

先日の Java のフォントの話

BTS したのがクローズされてました。


2010-03-14 [長年日記] この日を編集

アラビア語なフォントパッケージアップデート

忙しいので誰かやって、というのに手を上げてみた。が、生成スクリプトが動かないっぽい。はて。作業分は忘れないうちにsvnにcommit。

KVM 上の Fedora13 alpha で動かしたら動いた、ということは python-fontforge がなんぞ悪いのでは。深みにハマる悪寒。

otf-ipaexfont update

watch ファイルが間違っていたので。で、testing にさっさと放り込みたいので delayed upload しました。


2010-03-18 [長年日記] この日を編集

python スクリプト動いた

先日の件、python-fontforge のリビルドによって動作したのを確認。強制的に2.6にしているので、このあたりをもっと丁寧にやるやり方があれば。。。

追記:ぎゃー fontforge パッケージが -j2 とかだとビルドできねぇ。こっちを直さないと…

手元で anthy パッケージの更新をしてみる

it works for me.
目下の問題は dh7 スタイルにしたのに dpatch 使っているところだったり。convertするか…

追記:した。あとはメンテナのackを頂かないと


2010-03-20 [長年日記] この日を編集

opensolaris のやり方から学ぶ

後発プロジェクトは先発プロジェクトの利点/欠点から学ぶわけですが、逆もあってもいいよね、と。

色々とおもしろい仕組みがある模様。次のあたりが興味深い


2010-03-21 [長年日記] この日を編集

pleiades パッケージの更新

まだ公式リポジトリにはアップロードできてませんが。Eclipse 3.5 パッケージの導入に伴って pleiades のパッケージをアップデートしてみました。netbeans パッケージまわりを触っていたおかげで勘どころが前よりは分かるようになってる感じ。
バグレポ歓迎。

OpenOffice.org 3.2 Impress でスライドショー時に日本語/中国語フォントの太字表示不具合

OOo のトラッカーに登録してみた。アルファベット系だと発現しないのが嫌らしい。詳しい人が追試とかしてくれるといいんだけど。

Ubuntu 10.04 beta

kvm に入れた。いきなりクラッシュ多発で Fedora 13 alpha より不安定(でも Fedora の方はパッケージマネージャがクラッシュするのでアップデートができない状態だけど…)。見た目非常によろしく、インストールも容易ですなー

む、「Ubuntuについて」→「他との違い」…

使われるかどうか分からない莫大な量のソフトウェアが含まれている多くのディストリビューションとは異なり、Ubuntuのパッケージリストは高品質で重要なアプリケーションに絞られています。

ちょwww何これwww
すいません、使われるかどうかわからないパッケージメンテしててwww

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

_ yamamoto [うひひ。思わずぐぐってしまった。]


2010-03-23 [長年日記] この日を編集

make it better (perhaps)

ttf-unfonts の更新作業をしてみる。受け入れてもらえるとうれしいのだが。はてさて。


2010-03-24 [長年日記] この日を編集

ttf-unfonts 続き

svn の中にアップデート途中のがあったのを見落としていたので、作業分とマージ。

dh-make patch

実質1、2行。perl(も)分かりません。chdir すら知らなかった…

ttf-kacst-one とかはまだ待ち

ping 先が落ちてる

pleiades はも一度確認かな

test wiht amd64


2010-03-25 [長年日記] この日を編集

freewnn をさまよう

リストアップされてるバグはあらかた潰せそうなきが。それより lintian warning がワケワカランことになっていますがな。


2010-03-27 [長年日記] この日を編集

パッケージング一段落。

freewnn アップロード依頼しました。あ、anthy も

ttf-kacst,ttf-kacst-one は待ち、pleiades も待ち。sylph-searcher も待ち、ttf-unfonts-core,extra も待ち。

ttf-ipafont も分割依頼しないといかんね。
jruby/netbeansまわりが次かな…

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

_ Jonny [こんにちは。 anthyの#451283の件ですが、英語が不自由なのでこちらに返事を書かせていただきます。 Ant..]

_ Henrich [おー説明ありがとうございます。ある程度は意図が分かったと思います。 が、他の作業の反映が終わった(10日経ってte..]


2010-03-29 [長年日記] この日を編集

pleiades uploaded

いやっほー! あとは new queue で落ちないように祈ろう

xdvik-ja が remove できない?

ふむ? ではこんなのでどうだろうか。

謎の1分間沈黙

KMS を有効にするために新しいカーネルパッケージで起動すると画面が真っ暗になって全くディスクアクセスが無い。で、1分間待つと起動が再開する。はてな?一体こりゃ何だ。


2010-03-30 [長年日記] この日を編集

dvipsk-ja にもドロップキック

/usr/include/bits/inf.h:27:1: warning: this is the location of the previous definition
/bin/sh ../libtool --mode=link gcc -o dvipos   dvicore.o dvipos.o tfm.o utils.o  ../kpathsea/libkpathsea.la -lm 
mkdir .libs
gcc -o .libs/dvipos dvicore.o dvipos.o tfm.o utils.o  ../kpathsea/.libs/libkpathsea.so -lm
creating dvipos
make[2]: ディレクトリ `/tmp/dvipsk-ja-5.96+jp1.7a/dvipos' から出ます
make[2]: ディレクトリ `/tmp/dvipsk-ja-5.96+jp1.7a/dvipsk' に入ります
gcc -DHAVE_CONFIG_H  -I. -I. -I.. -I./.. -DUNIX -DKPATHSEA -DNeedFunctionPrototypes -DSHIFTLOWCHARS  -g -O2  -c afm2tfm.c -o afm2tfm.o
/bin/sh ../libtool --mode=link gcc -o afm2tfm   afm2tfm.o  ../kpathsea/libkpathsea.la -lm  
mkdir .libs
gcc -o .libs/afm2tfm afm2tfm.o  ../kpathsea/.libs/libkpathsea.so -lm
creating afm2tfm

ふむ、うまくいくときはこんな感じか。こうなればokなんだが…


2010-03-31 [長年日記] この日を編集

武道館に行ってきました。

後ろの方だけど真正面ど真ん中の席で良かった良かった。

30で振り返りに自信が持てるのに嫉妬。