«前の日記(2012-07-19) 最新 次の日記(2012-07-23)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2012-07-21 [長年日記]

手元でLucidな環境を作った。

pbuilder 使ってお手軽に。keyring見にいかない設定で4、5分ハマった。ubuntuのkeyringも入れてくれればいいのに。

sudo pbuilder --create --basetgz ~/tmp/lucid.tgz --distribution lucid --mirror http://ubuntu.mithril-linux.org/archives --debootstrapopts --no-check-gpg

で、LPにあったバグをとりあえず確認して、手元ではワークアラウンド処置を施しました。まだ作業途中なので、アップロードは後日。git 使って機能毎にブランチ切るようにしないとダメかもね…。

80000行の(略)、続き

$ grep-dctrl -F Depends python-svn -s Source -s Package /var/lib/apt/lists/*_Packages|sort|uniq
 
rabbitvcs-core@packages.debian.org
svn-load@packages.debian.org
svn-workbench@packages.debian.org
w3af-console@packages.debian.org

上記にメール。一週間反応待つかな。

net-snmp パッケージをアップデートしてもらうとしたらこんな感じ?

Pros)
 - net-snmp 5.7.1 is "LTS" by upstream. If we would put it to Wheezy, providing 
   security support is easier than 5.4.3 in current testing/unstable version.
   see http://www.net-snmp.org/download.html
 - It contains many bug fix since 5.4.3.
 - It also contains many MIBS, it'll help users.
 
Cons)
 - it is not suitable for basic freeze rule
 
note)
 - 5.7.1 is released 28th Sep 2011, almost 9 month ago, before Wheezy freeze.
   Any patches haven't been released since then.

Maintainer Dashboardを見て、debian/watchファイルがmasterブランチを見ていることに気づいた

で、tagsを見るように変えたら…アップデートされてるじゃないですか!追随してねぇ…orz
依存するパッケージも同様にしたり、アップデートもしたり、lintian warning潰したりしました。

Freeze 期間で FTBFS とかも起こしたくなかったので、experimental に突っ込みます。

あ、同じJavaパッケージチームのパッケージでいくつかまともにwatchしてないのがあったので、リストアップだけして送りつけておきました。作業は誰かやってくれるでしょう…

upstreamでは直したのでDebianパッケージに適用したい時は?

勉強会の後の宴会で質問が出たのでメモ

$ cd package-1.0-1 && patch -p1 < ../upstream_fix.patch
$ dpkg-source --commit
(メッセージが出るので適当なパッチ名にする)
(DEP3形式のパッチができるので適当にモディファイする)
(その他、debianディレクトリ以下のファイルで必要な変更を加える)
$ dch -i
$ debuild -S -us -uc && cd ../
$ debdiff package_1.0-1.dsc package_1.0-2.dsc > package1.0-1_package1.0-2.diff
(Debian BTS に Tags: patch で登録する)