«前の日記(2013-06-12) 最新 次の日記(2013-06-30)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。

  1. henrich (06-06)
  2. うわばみ (06-02)


2013-06-21 [長年日記]

git-buildpackage メモ

~/.gbp.conf に以下を追加しておくと自動的にpristine-tarブランチが出来る

pristine-tar = True

で、upstream が git で管理している時にどうするのがいいのかね?ということで、少しだけ試行錯誤。

例えば fontforge は github で管理しているのでこんな風にするのはどうか?

$ git remote add github https://github.com/fontforge/fontforge.git
$ git fetch github
$ git archive v20120731-b --format=tar > ../fontforge-20120731-b.tar
$ cd ../; xz fontforge-20120731-b.tar; cd -
$ git-import-orig ../fontforge-20120731-b.tar.xz --upstream-branch=upstream
 
What is the upstream version? [20120731-b] 
gbp:info: Importing '../fontforge-20120731-b.tar.xz' to branch 'upstream'...
gbp:info: Source package is fontforge
gbp:info: Upstream version is 20120731-b
pristine-tar: committed fontforge_20120731-b.orig.tar.xz.delta to branch pristine-tar
gbp:info: Merging to 'master'
gbp:info: Successfully imported version 20120731-b of ../fontforge-20120731-b.tar.xz

fetchできるようにしておいて、githubでのtagからarchiveでtarを作り、git-import-orig で import して pristine-tar ブランチに取り込む。

 git config tar.tar.xz.command "xz -c"

などと git-archive の man には書いてあったので設定すれば

$ git archive v20120731-b --format=tar.xz -o ../fontforge-20120731-b.tar.xz

となった。