最新 追記

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2013-12-01 [長年日記] この日を編集

groonga つづき

まだあった。

+++ lintian output +++
I: groonga source: binary-control-field-duplicates-source field "section" in package groonga
I: groonga source: binary-control-field-duplicates-source field "section" in package groonga-bin
I: groonga source: binary-control-field-duplicates-source field "section" in package groonga-examples
I: groonga source: binary-control-field-duplicates-source field "section" in package groonga-httpd
I: groonga source: binary-control-field-duplicates-source field "section" in package groonga-server-common
I: groonga source: binary-control-field-duplicates-source field "section" in package groonga-server-gqtp
I: groonga source: binary-control-field-duplicates-source field "section" in package groonga-server-http
I: groonga source: duplicate-long-description groonga-server-gqtp groonga-server-http
W: groonga source: newer-standards-version 3.9.5 (current is 3.9.4)
I: groonga source: debian-watch-file-is-missing
P: groonga: no-upstream-changelog
P: groonga: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
P: groonga-munin-plugins: no-upstream-changelog
P: groonga-munin-plugins: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: groonga-munin-plugins: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
W: groonga-munin-plugins: maintainer-script-empty postrm
P: libgroonga0: no-upstream-changelog
P: libgroonga0: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: libgroonga0: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
E: libgroonga0: non-empty-dependency_libs-in-la-file usr/lib/x86_64-linux-gnu/groonga/plugins/query_expanders/tsv.la
E: libgroonga0: non-empty-dependency_libs-in-la-file usr/lib/x86_64-linux-gnu/groonga/plugins/table/table.la
I: libgroonga0: no-symbols-control-file usr/lib/x86_64-linux-gnu/libgroonga.so.0.0.0
P: groonga-plugin-suggest: no-upstream-changelog
P: groonga-plugin-suggest: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: groonga-plugin-suggest: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
W: groonga-plugin-suggest: binary-without-manpage usr/bin/groonga-suggest-create-dataset
E: groonga-plugin-suggest: non-empty-dependency_libs-in-la-file usr/lib/x86_64-linux-gnu/groonga/plugins/suggest/suggest.la
P: groonga-server-common: no-upstream-changelog
P: groonga-server-common: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
P: groonga-tokenizer-mecab: no-upstream-changelog
P: groonga-tokenizer-mecab: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: groonga-tokenizer-mecab: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
E: groonga-tokenizer-mecab: non-empty-dependency_libs-in-la-file usr/lib/x86_64-linux-gnu/groonga/plugins/tokenizers/mecab.la
P: libgroonga-dev: no-upstream-changelog
P: libgroonga-dev: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
P: groonga-bin: no-upstream-changelog
P: groonga-bin: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: groonga-bin: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
W: groonga-bin: manpage-has-errors-from-man usr/share/man/ja/man1/groonga.1.gz 31034: a special character is not allowed in a name
W: groonga-bin: manpage-has-errors-from-man usr/share/man/man1/groonga.1.gz 4243: warning [p 44, 3.0i]: can't break line
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz specifed specified
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz usefull useful
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz searchs searches
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz charcter character
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz becuase because
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz documentaion documentation
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz detabase database
I: groonga-bin: spelling-error-in-manpage usr/share/man/man1/groonga.1.gz softwares software
W: groonga-bin: binary-without-manpage usr/bin/groonga-benchmark
P: groonga-server-http: no-upstream-changelog
P: groonga-server-http: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
P: groonga-server-gqtp: no-upstream-changelog
P: groonga-server-gqtp: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
P: groonga-doc: no-upstream-changelog
P: groonga-doc: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: groonga-doc: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
W: groonga-doc: embedded-javascript-library usr/share/doc/groonga-doc/en/html/_static/underscore.js
W: groonga-doc: embedded-javascript-library usr/share/doc/groonga-doc/ja/html/_static/underscore.js
I: groonga-doc: possible-documentation-but-no-doc-base-registration
P: groonga-examples: no-upstream-changelog
P: groonga-examples: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: groonga-examples: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
W: groonga-httpd: hardening-no-relro usr/sbin/groonga-httpd
I: groonga-httpd: hardening-no-fortify-functions usr/sbin/groonga-httpd
P: groonga-httpd: no-upstream-changelog
P: groonga-httpd: copyright-with-old-dh-make-debian-copyright
I: groonga-httpd: description-synopsis-might-not-be-phrased-properly
W: groonga-httpd: binary-without-manpage usr/sbin/groonga-httpd
W: groonga-httpd: binary-without-manpage usr/sbin/groonga-httpd-restart

2013-12-03 [長年日記] この日を編集

groongaのぱっけーじ

手元で気になる所はあらかた直してupstreamと検討中。


2013-12-11 [長年日記] この日を編集

gnome-shellが起動してくれなくなった→修復

Dec 11 21:32:29 hp gnome-session[4295]: WARNING: App 'gnome-shell.desktop' respawning too quickly
Dec 11 21:32:30 hp colord: device removed: xrandr-Mitsubishi Electric Corporation-RDT231WM-X-9Y203151AJ
Dec 11 21:32:30 hp colord: Profile removed: icc-8b97c0e67f2096ae1ba5c74c6ced59b3
Dec 11 21:32:30 hp colord: Profile removed: icc-94320f0ef2bc09dfcc94e0c0d0aaf542
Dec 11 21:32:31 hp gdm-simple-slave[4265]: GLib-GObject: g_object_ref: assertion `object->ref_count > 0' failed
Dec 11 21:32:31 hp gdm-simple-slave[4265]: GLib-GObject: g_object_unref: assertion `object->ref_count > 0' failed
Dec 11 21:32:31 hp acpid: client 4270[0:0] has disconnected
Dec 11 21:32:31 hp acpid: client connected from 4384[0:0]
Dec 11 21:32:31 hp acpid: 1 client rule loaded
Dec 11 21:32:31 hp gdm-simple-slave[4379]: Failed to give slave programs access to the display. Trying to proceed.
Dec 11 21:32:31 hp dbus[2448]: [system] Activating service name='org.freedesktop.systemd1' (using servicehelper)
Dec 11 21:32:31 hp dbus[2448]: [system] Activated service 'org.freedesktop.systemd1' failed: Launch helper exited with unknown return code 1
Dec 11 21:32:31 hp brltty[911]: BrlAPI connection fd=4 accepted: local 
Dec 11 21:32:32 hp colord: Device added: xrandr-Mitsubishi Electric Corporation-RDT231WM-X-9Y203151AJ
Dec 11 21:32:32 hp colord: Automatic metadata add icc-8b97c0e67f2096ae1ba5c74c6ced59b3 to xrandr-Mitsubishi Electric Corporation-RDT231WM-X-9Y203151AJ
Dec 11 21:32:32 hp colord: Profile added: icc-8b97c0e67f2096ae1ba5c74c6ced59b3
Dec 11 21:32:32 hp colord: Profile added: icc-94320f0ef2bc09dfcc94e0c0d0aaf542
Dec 11 21:32:32 hp gnome-session[4409]: WARNING: Child process 4441 was already dead.
Dec 11 21:32:32 hp kernel: [  588.796536] gnome-shell[4441]: segfault at 84 ip 00007f007bbd37b9 sp 00007fff5c2cad10 error 4 in libcogl.so.12.1.1[7f007bb8a000+97000]
Dec 11 21:32:33 hp kernel: [  589.505950] gnome-shell[4469]: segfault at 84 ip 00007f2b75a577b9 sp 00007fff4da6ee00 error 4 in libcogl.so.12.1.1[7f2b75a0e000+97000]
Dec 11 21:32:33 hp gnome-session[4409]: WARNING: App 'gnome-shell.desktop' respawning too quickly
Dec 11 21:32:34 hp colord: device removed: xrandr-Mitsubishi Electric Corporation-RDT231WM-X-9Y203151AJ
Dec 11 21:32:34 hp colord: Profile removed: icc-8b97c0e67f2096ae1ba5c74c6ced59b3
Dec 11 21:32:34 hp colord: Profile removed: icc-94320f0ef2bc09dfcc94e0c0d0aaf542
Dec 11 21:32:35 hp gdm-simple-slave[4379]: GLib-GObject: g_object_ref: assertion `object->ref_count > 0' failed
Dec 11 21:32:35 hp gdm-simple-slave[4379]: GLib-GObject: g_object_unref: assertion `object->ref_count > 0' failed
Dec 11 21:32:35 hp acpid: client 4384[0:0] has disconnected
Dec 11 21:32:35 hp acpid: client connected from 4496[0:0]
Dec 11 21:32:35 hp acpid: 1 client rule loaded
Dec 11 21:32:35 hp gdm-simple-slave[4491]: Failed to give slave programs access to the display. Trying to proceed.
Dec 11 21:32:36 hp dbus[2448]: [system] Activating service name='org.freedesktop.systemd1' (using servicehelper)
Dec 11 21:32:36 hp dbus[2448]: [system] Activated service 'org.freedesktop.systemd1' failed: Launch helper exited with unknown return code 1
Dec 11 21:32:36 hp brltty[911]: BrlAPI connection fd=4 accepted: local 
Dec 11 21:32:36 hp colord: Device added: xrandr-Mitsubishi Electric Corporation-RDT231WM-X-9Y203151AJ
Dec 11 21:32:36 hp colord: Automatic metadata add icc-8b97c0e67f2096ae1ba5c74c6ced59b3 to xrandr-Mitsubishi Electric Corporation-RDT231WM-X-9Y203151AJ
Dec 11 21:32:36 hp colord: Profile added: icc-8b97c0e67f2096ae1ba5c74c6ced59b3
Dec 11 21:32:36 hp colord: Profile added: icc-94320f0ef2bc09dfcc94e0c0d0aaf542
Dec 11 21:32:36 hp kernel: [  592.921123] gnome-shell[4553]: segfault at 84 ip 00007fc67489e7b9 sp 00007fffd3b2abb0 error 4 in libcogl.so.12.1.1[7fc674855000+97000]
Dec 11 21:32:37 hp gnome-session[4521]: WARNING: App 'gnome-shell.desktop' respawning too quickly
Dec 11 21:32:37 hp kernel: [  593.625326] gnome-shell[4582]: segfault at 84 ip 00007fa558efa7b9 sp 00007ffffea4f790 error 4 in libcogl.so.12.1.1[7fa558eb1000+97000]

でhotot起動してたんだけど、先日話題になってたのでmikutterを入れてみた。が、最初のPIN入れた後で死ぬように。chromiumもおかしな表示になっている…

henrich@hp:~/tmp/build $ mikutter 
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_copy: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_unref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_copy: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_unref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_copy: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_unref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_ref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] Gdk: IA__gdk_window_set_icon_list: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_get_width: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_get_height: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_get_width: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_get_height: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_get_width: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
 
(chromium:27538): GdkPixbuf-CRITICAL **: gdk_pixbuf_get_height: assertion `GDK_IS_PIXBUF (pixbuf)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_unref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_unref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:browser_main_loop.cc(228)] GLib-GObject: g_object_unref: assertion `G_IS_OBJECT (object)' failed
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:image.cc(58)] Unable to decode PNG.
[9:9:1211/223748:ERROR:base_feature_provider.cc(122)] manifestTypes: Allowing web_page contexts requires supplying a value for matches.
[12:12:1211/223748:ERROR:base_feature_provider.cc(122)] manifestTypes: Allowing web_page contexts requires supplying a value for matches.
[16:16:1211/223748:ERROR:base_feature_provider.cc(122)] manifestTypes: Allowing web_page contexts requires supplying a value for matches.
[19:19:1211/223748:ERROR:base_feature_provider.cc(122)] manifestTypes: Allowing web_page contexts requires supplying a value for matches.
[27538:27538:1211/223748:ERROR:base_feature_provider.cc(122)] manifestTypes: Allowing web_page contexts requires supplying a value for matches.
[6:6:1211/223749:ERROR:base_feature_provider.cc(122)] manifestTypes: Allowing web_page contexts requires supplying a value for matches.
/usr/share/mikutter/core/plugin/display_requirements/display_requirements.rb:5: warning: already initialized constant CACHE_DIR

追記:どうもgdk-pixbufのcacheがぶっ壊れていたようで、libgdk-pixbuf2.0-0パッケージを再インストールして直った。やれやれ。


2013-12-21 [長年日記] この日を編集

モトヤマルベリ/シーダにYenがない

教えてもらったので登録しました。


2013-12-23 [長年日記] この日を編集

ubuntu-keyring

昔、水野さんが「Ubuntu上でsidのアーカイブ作るとキーリングがなくて面倒」と言っていたので、ubuntu-keyringパッケージを持ってきてモディファイしてuploadしました。

 ubuntu-keyring (2012.05.19-1) unstable; urgency=medium
 .
   * Imported to Debian (Closes: #457899)
     - not make udeb package, remove ubuntu-keyring-udeb.postinst and more.
     - set binary package name as ubuntu-archive-keyring
     - rewrite debian/rules to modern dh style
       + add debian/compat and debian/source/format
     - debian/postinst
       + fix lintian warning: hardcoded path
       + don't touch /etc/apt/trusted.gpg permission
       + add debhelper token
       + set -e
     - add debian/postrm
     - debian/copyright
       + format it as Machine-readable debian/copyright file 1.0

kochi-naga10消す方向で

726383は問題ないと思うのでその旨。

backportパッケージを再度アップロード

一度rejectされたけど、ちゃんと読んでなかった。

Include all changelog entries since the last version on debian-backports or since stable if it's the first version. You should do this by passing "-v" to dpkg-buildpackage. Eg: "debuild -v0.7.5-2", where "0.7.5-2" is the version in stable. If the package wasn't in stable or backports before you don't have include the changelog entrys (but you are free to do so).

初回アップロードは、-vオプションでバージョン指定しなければいけなかったのね。この辺自動でチェックして教えてくれるといいなぁ。ftpmasterに負担かけなくて済むし。

birdfontのアップデートを実施

ITPしたまま放置してしまったbirdfontのパッケージを最新バージョンまで1つずつあげてチマチマと対応していった。

まだ、library周りのlintian errorをlintian overrideして無視してるので、これを何とかしたら再度いきたい所である。

unidic-mecabをとりあえずアップロード

dpkg-debに30分かかる…


2013-12-24 [長年日記] この日を編集

全くまとまってない徒然なること。

Debianでのパッケージマネージャといえばdpkgとapt、rpm/yumの方がよい。。。点はあまり思いつかないです。なんだろ?あーdeltarpmはうらやましいですね。差分だけダウンロードしてローカルで当てる、と。しかしまぁ、ローカルのCPUとI/O食うんで遅いマシンだと嫌がられるかな。日本みたいなブロードバンドの国だと普通にダウンロードして展開、のほうが楽だと思うのですが、それは世界でも少数派ですよね。あ、deb packageでも確かdebdeltaってのもあるはずなんですが、どうなのかな。。。

rpmパッケージの作成だとspecファイル一つぱっと書けばいいしすぐわかる。。。という言い方をされる方も多いんですけど、確かにdebパッケージの方がお約束ごとが多いのかも。でも最新のパッケージング(dh7以降)だと「設定よりも規約」な感じで私は好きです。フリーハンドすぎるのはメンテナンスは大変だと思うんですよね。

システムでいうとFedoraのkojiやbohdiはいいですね。特にbohdiのカルマで特定バージョンのgo/nogoを決められるのはいいです。こういうユーザーの小さな参加をもっと増やす方がいいですよね。パッケージメンテナの数は限りがあるし、時間も有限だし。launchpadやFedora Account Systemみたいにアカウントを管理するシステムがあってシステム間で連携とかできたほうがいいのかも。でもまぁ、DebianBTSとかアカウントなしでメールアドレスだけあれば使えるというある意味の手軽さも捨てがたいわけで。bugzillaに報告するためにアカウントとらなきゃいけないのは面倒。

ebuild/ports/Homebrewとか

最近だとOSXでHomebrewが人気のようですね。これがいい点は何なんでしょう。 OSX側で基本的なソフトウェアについては個別のインストーラーで何も考えることなくインストールできて、すべてのソフトウェアでの整合性を考えることなく、欲しいソフトをインストールできる、のがいい点ですかね?基本/usr/local以下に閉じた世界でOSX側の方はいじらないから、さほどシステム崩壊とかはなさそう。Debianでも同様にするのは面白いかもしれない、かな?/usr/localみたいなポイントを作ってそこ以下にユーザーの欲しいソフトをひたすらソースから入れるの。でもbrew使っても同じかな。aptでいれる。。。とchrootになっちゃう?うーん、chrootだと大げさで扱いにくい。。。か。

ソースベースパッケージシステムは、「ユーザーが皆ビルドテストをしてくれている」状態なので、クオリティ維持に役立っている、のかも。でもビルドオプション違うと問題の再現がややこしかったりするかな?マイナーアーキテクチャは皆使わないから、そんなにメリットでもないのかな。あ、ebuildのmaskはいい機能ですね。しかし同様の機能がDebianにあったら、みんながみんなmaskしちゃうとunstableでテストしてもらいたいのにテストされないうちにtestingへパッケージが落ちちゃうということがありえるので悩ましそう。portsは特にこれといううらやましい機能はない、かも(知らない。あったら教えてほしいな)。

いろいろなリポジトリ

バイナリビルドだと、リポジトリ間でのライブラリバージョンの整合性を考えなくてはならなくなったり、そもそも出来が悪いリポジトリを追加すると崩壊するなどの問題がありますね。うーん。とはいえ、でかいものとか複雑なものが時間をかけることなくさっくり入るというのは魅力ではありますよね。LibreOfficeとか。。。pkgsrcで入れるのにむっちゃ時間がかかった、という話を聞いてそりゃそうだよね、と思ったり。

UbuntuでのPPAなどみていても、同様の機能があっていいかな、という気がします。あれはlaunchpadありき(だし、体力的に大変そうなビルドサーバーの準備の関係もあるから)、実装が結構大変そうですが。一つのリポジトリに収束しない点で最終的に整合性を取る点での複雑さが増しますが、一つのリポジトリでいろいろと実験的なことはやりづらいですしね。Debianではexperimentalがその役割。。。なはずだったのですが、unstableに突っ込みづらいバージョンだけとりあえず入れておく、という感じになっていますし(私もそんな感じで使っています。バージョン間が開きすぎると追随するためにパッケージングの手間がものすごくかかることがあるので、ちょこちょことアップデートしていくのがいいんですよね)。特定の目的について、あるソフトウェア群の試験版をすべて入れるのは結構大変ですから、PPAというアイデアはありですね。

メンテナがアップデートしてくれないときに「とりあえずアップデートして共有できる」リポジトリは欲しい。hijackするのはさすがに抵抗があるし、ずっとメンテナンスし続けるほどの気合いはないんだけど、これはいくらなんでも古すぎるやろーとかあったりするので(subversionがそんなかんじでまだ現時点で1.8が入ってない)。メンテナンス対象のパッケージが増えすぎるのはしんどい。とりあえずのアップロード先としてmentorsは微妙に違うような気もするし(あれはパッケージングの練習場所的な意味合いが強い、と思っている)。うーん。

つれづれつれづれ

野望としては、言語のパッケージマネージャーをaptと連動してスムースに動作するのが欲しいなぁ、とか。全部debianパッケージにパッケージングしていくのはタイムラグがあるんですよね。あぁ、そうだ。パッケージをupstream releaseにあわせて更新した際にパッチがあたらなくなってビルドが失敗した場合にパッチ全部外してビルドする機能とかありかなぁ。なしかなぁ。あ。そうそう、aptというかdpkgは地味ーに更新され続けていたりしてるのですが、先日も「xzなファイルを標準にすると余計にメモリとか食うんじゃね?」という質問をした人に「見直ししてメモリ使用量を削減した」って返事を返していて、おー!と思うのと同時にもしかしたらもっと改善とかする余地も残されていたりするのかも、とか思ったり。私はできませんが。

  • mozilla.debian.netみたいにgnome.debian.netとかあればいいのにー最新のを試してみないと、色々と意見もいえないわけで、周回遅れでいつの間にかUIとかが望まぬ方向に行ってたりするし。
  • autopkgtestは身につけないとだめだな
  • buildbotを設定するのがいいのかも。jenkinsさんはパッケージでの横展開がしづらそうである。

特に脈絡も盛り上がりも落ちもなく終わり。どっとはらい。

あ、これはディストリビューション/パッケージマネージャー Advent Calendar2013の 24 日目の記事だったらしい、です。

Xeon E5の上で2.6.32カーネル使ってると電源入れてから208.5日後に再起動でハングするらしいですよ?

Xeon E5の上で2.6.32カーネル使ってると208.5日後の再起動(warm reboot)でハングするというのがある、というのが流れてきた。
何か以前に似たのを聞いたことあるな?という気もしないでもないが、今回のはXeon E5の方でバグがあって、再起動してもTSCがリセットされずにあふれちゃうという感じらしいですよ。あらら。

で、RHEL6.xが影響を受けるのでアップデートが出たそうな。あれ、2.6.32ってSqueezeもじゃん?

と思ってchangelogみる。
…今のパッケージのソース見る。
…svn repoみる。
…修正が入ってないね!(´・ω・`) ショボーン

で、upstreamのgitからパチってBTSしてみました。クリスマスの贈り物だよー つDebian Bug#733043

あ、僕もプレゼント欲しいので誰か贈ってください。


2013-12-29 [長年日記] この日を編集

unidic-mecabパッケージをDebianへ放り込みました

こちらから参照できますが、unidic-mecabパッケージをDebianへ放り込みました。experimentalにいれたので、インストールするには apt line に experimental を追加する必要があります
…が、なんで私experimentalにしたんですかね?3月に作って放置していたので、すっかり記憶が薄れていて…。

PDFファイルの問題がなくなったら~dfsgは取れるのですが、難しいかな?

mecabパッケージのFTBFSの巻き添えでsylph-searcherもtestingから消された

で、見たら既にパッチが送られていたというか自分が送っていたものだったので適用してアップロードした。

 mecab (0.996-1.1) unstable; urgency=medium
 .
   [ Hideki Yamane ]
   * Non-maintainer upload.
   * debian/rules
     - use dh-autoreconf to fix FTBFS (Closes: #725580)
     - remove "include /usr/share/cdbs/1/rules/patchsys-quilt.mk", use source
       format 3.0 instead
   * debian/control
     - add "Build-Depends: dh-autoreconf" as above
     - remove "Build-Depends: quilt", use source format 3.0 instead
   * add debian/source/format
   * debian/patches
     - add remove-urchin.patch to fix "privacy-breach-google-adsense" lintian
       error. It's Debian package specific because upstream uses it for its
       website.

やれやれ。


2013-12-30 [長年日記] この日を編集

どこのことか、わかるかな?

容疑者は、毎晩ハッカーが集って「ソースコード」をやりとりするサイトに耽溺していたという。このサイト、登録自体は匿名で可能なため、ほとんどのハッカーが相手の名前も知らないという。日本だけではなく、アメリカやヨーロッパのハッカーも利用しており、サイトを通じてお互いにリクエストを送るという、まさに「世界規模」のハッカーサイトだ。しかし、ソースコードの登録には暗号の鍵が必要になるという周到ぶりで、ソースコードのやりとりはこの鍵を使って暗号化されて行われている。容疑者はこのサイトを通じてソースコードを入手したらしい。

「いやーバーチャルなネット世界は怖いですねぇ」
「この様なハッカーの集まるようなサイト、取り締まることは出来ないのでしょうか?」
「では次のニュース」

以前書いたけど、ログイン必要な所だったので転載


2013-12-31 [長年日記] この日を編集

debian/watchも微妙に進化してた:公開鍵署名もチェック

Cryptographic signature verificationなんてものが追加されていました。しかもLintianでチェックもされるという。

やり方は、uscan(1)に書いてあるし、リンク先にも例がありますが、こんな感じで。

  • debian/watchで、optsで「pgpsigurlmangle=s/$/.asc/」のように対象の署名を指定する。
  • まだ署名者の公開鍵を取り込んでいなかったらここで取り込む
  • 「gpg --export '59C2 118E D206 D927 E667 EBE3 D3E5 F56B 6D92 0D30' >> debian/upstream-signing-key.pgp」のように署名者のデータをdebian/upstream-signing-key.pgpに書き込む
  • debian/source/include-binariesにdebian/upstream-signing-key.pgpを追加する

opensshぱっけーじ

Setting up openssh-server (1:6.4p1-2) ...
update-rc.d: warning: start and stop actions are no longer supported; falling back to defaults
[ ok ] Restarting OpenBSD Secure Shell server: sshd.

はて。maintainer scriptみてみたほうがいいかな。

tdiary-contribパッケージをアップデートしておいた in experimental

本体側のパッケージが手つかずになっているので、すぐ作業できるようにまずはexperimentalにあげておいた。

JavaScriptライブラリでmootoolsというのが使われているのでlibjs-mootoolsパッケージ側を使うようにしたほうが良いのだけど(lintianが教えてくれた)、バージョン固定で入っていて(mootools-1.2-more.jsというようになっている)、パッケージ側の方が新しい。とりあえず様子見、ということでここにメモだけ。

nailgunのアップデートに四苦八苦

antじゃなくてmavenに変わっている所が苦難の始まりで。

  • パッケージで入っているプラグインのレポジトリを見にいかない→mvn -Dmaven.repo.local=/usr/share/maven-repo と指定する必要があった
  • maven-compiler-pluginのパッケージが古くてこける

さらに、こんな記述があった。

Also note that at present the default source setting is 1.5 and the default target setting is 1.5, independently of the JDK you run Maven with. If you want to change these defaults, you should set source and target as described in Setting the -source and -target of the Java Compiler.

では、antの時はdebian/rulesで以下のようにして

export ANT="ant -propertyfile $(CURDIR)/debian/ant.properties"

ant.propertiesファイルにこんな感じで書いてたのをまた変えないとダメか…

# Ensure that source and target are 1.6
# For backwards compat on Java 7
# see https://lists.debian.org/debian-java/2012/12/msg00026.html
#
ant.build.javac.source=1.6
ant.build.javac.target=1.6

しかも、ものによってはpom.xmlに直にこんな感じで書いてるのもあるけど、どっち優先になるのかね…

あぁ、なるほど、大体のJava関連パッケージはcdbsで

include /usr/share/cdbs/1/rules/debhelper.mk
include /usr/share/cdbs/1/class/maven.mk

のようにしているのね。で、debian/maven.propertiesで

# Include here properties to pass to Maven during the build.
# For example:
# maven.test.skip=true
 
maven.test.failure.ignore=true
maven.compiler.source=1.6
maven.compiler.target=1.6

と。