«前の日記(2014-05-17) 最新 次の日記(2014-05-29)» 編集

ポケットを空にして。

1985|10|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2014|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2100|01|

「人の心に残るというのが大事」と言う話。

何か連絡がある場合はメールでどうぞ(過去の日記へのツッコミは基本的にみていません)
プレゼントは随時受け付けております :-) ここ最近のツッコミ/トラックバックリスト。


2014-05-28 Sqeeze-LTSキタ。 [長年日記]

Squeeze-ltsのアナウンス粗訳

- -------------------------------------------------------------------------
Debian Security Advisory DSA-2938-1                   security@debian.org
http://www.debian.org/security/                        Moritz Muehlenhoff
May 27, 2014                           http://www.debian.org/security/faq
- -------------------------------------------------------------------------
 
The initial organisation and setup of Squeeze LTS has now happened and 
it is ready for taking over security support once the standard security 
support ends at the end of the month:
 
Squeeze LTSについての初期の組織構成と設定がなされ、今月の終わりに通常の
セキュリティサポートが終了するのに伴う引き継ぎの準備が整いました。
 
 
Information for users
=====================
ユーザーへの案内
 
Support for Squeeze LTS will end five years after the release of Squeeze, 
i.e. until the 6th of February 2016.
 
Squeeze LTSサポートはSqueezeのリリースから5年後に終了します。
つまり2016/2/6までです。
 
You need to enable the apt sources for squeeze-lts manually. 
Information on how to do this can be found at
https://wiki.debian.org/LTS/Development#Add_squeeze-lts_to_your_sources.list
 
squeeze-ltsのapt設定を手動で有効にする必要があります。
この作業のやり方については以下を参照してください。
https://wiki.debian.org/LTS/Development#Add_squeeze-lts_to_your_sources.list
 
 
You should also subscribe to the new annoucement mailing list for 
security updates for squeeze-lts:
https://lists.debian.org/debian-lts-announce/
 
また、新しいsqueeze-ltsへのセキュリティアップデートのアナウンス用メーリング
リストを購読したほうがよいでしょう:
https://lists.debian.org/debian-lts-announce/
 
 
A few packages are not covered by the Squeeze LTS support. These can be
detected with the new tool debian-security-support. Information on how
to run it can be found here:
https://wiki.debian.org/LTS/Development#Check_for_unsupported_packages
 
いくつかのパッケージはSqueeze LTS サポートの範囲外となります。
新たなdebian-security-supportというツールでこれらの検出ができるようになっています。
どのようにして実行するかについては以下を参照してください。
https://wiki.debian.org/LTS/Development#Check_for_unsupported_packages
 
 
If debian-security-support detects an unsupported package which is 
critical to you, please get in touch with debian-lts@lists.debian.org
(see below).
 
あなたに取って必要不可欠なパッケージがdebian-security-supportによって
サポート外であると検出された場合は、debian-lts@lists.debian.orgに
相談してください(以下を参照)。
 
squeeze-backports will continue to be supported for the lifetime of 
Squeeze LTS.
 
squeeze-backports はSqueeze LTSの期限までサポートが継続されます。
 
 
Information for Debian maintainers
==================================
Debianのメンテナに対する案内
 
First of all, Debian package maintainers are not expected to work on 
updates of their packages for squeeze-lts. Package updates for 
squeeze-lts will be handled by the Debian LTS team.
 
まず、Debianのパッケージメンテナはsqueeze-ltsにおいて自分のパッケージの
更新作業を行うことを期待されてはいません。squeeze-ltsでのパッケージの更新
はDebian LTSチームによって運営されます。
 
 
However, if you _are_ interested in doing so (and the maintainer always
knows best on a package), you're certainly welcome to do so; everyone
in the Debian.org and Debian maintainers key ring can upload to the 
squeeze-lts suite. Information on how to upload a fixed package can 
be found at https://wiki.debian.org/LTS/Development#Upload_Packages
 
しかし、*もし* あなたが作業に興味が有るのであれば(そしてメンテナは常に
そのパッケージについて一番良く知っているので)、もちろん作業は大歓迎です。
Debian.orgとDeibanメンテナのキーリングにいる全員はsqueeze-ltsにアップロード
が可能です。修正したパッケージをどのようにアップロードするのかについては
https://wiki.debian.org/LTS/Development#Upload_Packages を参照してください。
 
 
Mailing lists
=============
メーリングリスト
 
The whole coordination of the Debian LTS effort is handled through the
debian-lts mailing list: https://lists.debian.org/debian-lts/
 
DebianLTSの作業について、全体的な調整はdebian-ltsメーリングリストを通じて行われます
https://lists.debian.org/debian-lts/
 
Please subscribe or follow us via GMANE (gmane.linux.debian.devel.lts)
こちらを購読するか GMANE (gmane.linux.debian.devel.lts)を参照してください
 
Aside from the debian-lts-announce list, there's also a list for 
following all uploads in debian-lts: 
https://lists.debian.org/debian-lts-changes/
 
debian-lts-announce の他に、debian-ltsへの全てのアップロードを参照できる
リストもあります: https://lists.debian.org/debian-lts-changes/
 
 
Security Tracker
================
セキュリティトラッカー
 
All information on the status of vulnerabilities (e.g. if the version in 
squeeze-lts happens to be unaffected while wheezy is affected) will be 
tracked in the Debian Security Tracker:  
 
脆弱性状況の全ての情報 (例: squeeze-ltsのバージョンは影響を受けないが、
wheezyは影響を受けるなど)はDebianセキュリティトラッカーで追跡されます。
 
http://security-tracker.debian.org
 
If you happen to spot an error in the data, please see 
https://security-tracker.debian.org/tracker/data/report
 
データにエラーを見つけた、という場合は以下を参照してください
https://security-tracker.debian.org/tracker/data/report

GNOMEでのリコールバッテリの検出について

2007年にGNOMEにログインしたらバッテリがリコール対象だと教えてもらった話を書いた。Let's noteのバッテリリコールの話から、今現在はどんなふうになっているのかを調べてみた。

結論から言うと、機能が削除されてる。パッケージとしてはupowerパッケージが担当しているのだが、upstreamの最新版である0.99.0だとコードが削除されているのだ。今のunstableに入っているバージョンではまだ保持している。

upowerでは再追加は経緯を見る限り難しそうなので、別のものとして追加するなどを考えた方が良さそう。有用だとおもうのだけどなー